世界史の新しい見方を提示 日経読書面今週の5冊2020年2月15日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

スクエア・アンド・タワー(上・下) ニーアル・ファーガソン著

>>日経電子版で書評を読む 「ネットワークと階層が相克」

原題=THE SQUARE AND THE TOWER (柴田裕之訳、東洋経済新報社・各2500円) ▼著者は米スタンフォード大フーヴァー研究所の上級フェロー。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


西への出口 モーシン・ハミッド著

>>日経電子版で書評を読む 「混然一体となった世界描く」

原題=EXIT WEST (藤井光訳、新潮社・1800円) ▼著者は71年パキスタン生まれ。同国とロンドン、ニューヨークを行き来している ※書籍の価格は税抜きで表記しています


鏡の古代史 辻田淳一郎著

>>日経電子版で書評を読む 「大和政権 成立過程のヒント」

(KADOKAWA・2000円) つじた・じゅんいちろう 73年長崎県生まれ。九州大准教授。専門は日本考古学。著書に『同型鏡と倭の五王の時代』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


スノーデン 独白 消せない記録 エドワード・スノーデン著

>>日経電子版で書評を読む 「機密情報入手の内実明かす」

原題=PERMANENT RECORD (山形浩生訳、河出書房新社・1900円) ▼著者は米国の情報機関勤務の後、現在はロシア在住。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


反穀物の人類史 ジェームズ・C・スコット著

>>日経電子版で書評を読む 「国家の起源めぐる常識一変」

原題=AGAINST THE GRAIN (立木勝訳、みすず書房・3800円) ▼著者は36年生まれ。米エール大教授。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ビジネス書などの書評を紹介
注目記事
ビジネス書などの書評を紹介