同じページって? 資料なくても使うon the same pageデイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(36)same

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「同じ」という意味のsameにまつわる表現を見てきましょう。

◇  ◇  ◇

今日ユウカの部署では、今後の戦略について会議が行われています。会社のこれからの方針にも関わるような重要な会議とあって、内容も深く切り込んだものでした。そのため会議についていくのに必死になり、やや不安になっていたユウカはそれが表情に出てしまっていたようです。会議の進行役を務めていたアマンダから質問をされ、それに対して答えたつもりのユウカだったのですが……。

それはこんな会話でした。

Amanda: I'll be facilitating today's meeting.
Steve: Could you tell us what's on the agenda?
Amanda: Today we're mainly going to talk about the sales strategy for the new products coming out in April.
(会議も終わりに近づいて)
Steve: So basically what you're saying is that each team will be working separately.
Amanda: That's right. It seems that's the way the talks are going.
Other employees: Okay, sounds good.
Amanda: Yuka, are you on the same page? You're being really quiet.
Yuka: Oh, sorry, but I don't have any documents.
Amanda: I didn't ask if you did.
Yuka: ...but I'm not sure what page you're on.

日本語に置き換えてみると次のようになります。

アマンダ:今日は私が進行を務めます。
スティーブ:議題について教えてくれますか?
アマンダ:今日は4月発売の新製品の販売戦略から話し合います。
(会議も終わりに近づいて)
スティーブ:では、チームそれぞれで動くということですね。
アマンダ:ええ、ここまでの話し合いではその方向です。
他の社員:なるほどね。わかりました。
アマンダ:ユウカ、あなたも同意見ですか? さっきから静かだけど。
ユウカ:あ、すみません、資料はもらってないんですが。
アマンダ:資料の話はしていませんよ。
ユウカ:でもどのページなのかわかりません。

上記の会話は、ユウカの部署の戦略会議での会話になります。同部署のアマンダが進行役を務め、会議もスムーズに進んだようです。まとめとしてスティーブが会議の決定について確認したのですが、アマンダはユウカが不安げな顔をしていたので、声をかけます。同意見であるかどうかについて質問したのですが、ユウカは資料についての確認だと勘違いしてしまいました。

次のページ
さらに掘り下げたいsameとその関連表現