カード決済「かざす」広がる 暗証番号の入力不要

専用端末にかざすだけで支払える(VISA)
専用端末にかざすだけで支払える(VISA)

政府が利用割合を2025年までに4割まで高めると目標に掲げるキャッシュレス決済。スマートフォンを使ったQR決済など新しいサービスが相次いで登場する半面、初心者や高齢者にはハードルが高い。そこで注目を集めるのが、クレジットカードやデビットカードなどで使える「かざす」タイプの決済だ。手軽に幅広く利用できるので普及のけん引役として期待されている。概要や注意点をまとめた。

「暗証番号を入力する手間がなく、支払いがすぐに終わって便利」。東京都在住の男性会社員(44)は、職場近くにあるコンビニエンスストア、ローソンで買い物する際、VISAのクレジットカードを利用している。

男性が使うカードは一見、通常のクレジットカードと変わらないが、券面には電波を発信するようなマークが付いている=写真。NFCと呼ばれる国際的な近距離無線通信の規格に基づいて作られたカードだ。

会計時にはカードをレジの専用端末に近距離からかざすだけ。サインなどは不要で、後ろに並ぶ人を待たせる心配がない。男性はローソンでは「少額の支払いを含めていつも利用している」という。

同規格はVISAがクレジットカードのほかデビットカード、プリペイドカードへの搭載を進める。マスターカードやJCB、アメリカン・エキスプレスなどの国際ブランドカードも一部で「タッチ決済」や「コンタクトレス」といった名で採用している。JCBは非接触方式として国内専用の「QUICPay」も併せて展開する。

手渡し要らず

こうした非接触タイプのカードは従来型とは違い、カードを店員に渡す必要がないのも特徴だ(表A)。支払いが早く終わるだけでなく、スキミング被害や番号盗用などの防止にも有効だとされる。他人に触れられるのに抵抗感がある人にも向いている。

非接触タイプのカードは海外で先行して普及している。ビザ・ワールドワイド・ジャパン(東京・千代田)によると、英国やカナダ、スペイン、イタリア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールなど多くの国で対面決済の5割超がタッチ決済だ。一部の地域では地下鉄などの公共交通機関でそのまま乗車に使える。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
次のページ
海外でも利用可
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし