2020/2/21

面接道場

中北 ここ重要です。まさに価値観なんです。なんで重要かわかる? 企業に入ると必ずDさんが小4で経験したような場面が来るんです。こういうところにいると、自分は必ずモチベーションが下がるという感覚を知っておくのは重要です。例えば大手に入社し、上司の力が異常に強くて手足のように動かされる部署だった場合、辞めたくなるじゃないですか。ということは、そういう体質の企業には入るべきじゃないとかが分かります。

自分の「失敗パターン」をつかむ

中北 先に進めていきましょう。塾に入った後はどうなったんですか。

D 塾はとても楽しかったのですが、そこでできた友だちとゲーセンに行ったり、公園で遊んだりしていて。案の定、中学受験は失敗しました。

中北 中学受験の失敗で、なぜモチベーションが下がったんですか。

D 学校では受験勉強を頑張っていると思われていたのに、結果が出なかったことがダサいというふうに思って。塾に通ったのに結局何もできなかったなと。

中北 中学でも下がってますね。どんなことがあったんですか。

D 小学校からサッカーをやっていたのでサッカー部に入りたかったのですが、全国大会に出るような強豪校だったので入部には選抜試験があって、それに落ちてしまったんです。勉強もサッカーもなくなってしまって、そのときが一番つらい時期でした。

中北 一番つらかったのはどうして?

D 受験が終わって、さあ次はサッカーを頑張るぞって思ったのに、それをやることさえできないということがつらかったです。授業態度も最悪でした。

中北 なんで最悪だったの。

D 頑張ってもどうせ結果が出ないし、と腐っていました。

中北 いいね。挫折したんだ。その後、好転したのは何があったんですか。

D 担任の先生に文化祭の企画のリーダーをやってと言われて、最初は嫌だったんですけど、人の上に立つことは嫌いじゃなかったので。やり始めるとクラスをまとめることが楽しくなりすぎて、毎日クラスメートと遊んでいたので、高校進学のときにまた試験に失敗して下のクラスになりました。高校では、運動で結果を残したいなという思いが強くなって、マラソンを頑張りました。

中北 それで毎日トレーニングして、大学受験も失敗したと。受験、毎回失敗するなあ。

D 高校生活と大学受験をてんびんにかけたときに、高校生活は一生に一度しかないから楽しむということが大切なんじゃないかという結論に至って、遊んでいました。

中北 大学入学後に、ぐんと上がってますね。

D 1年生のときは普通にバイトやサークルに行く日々だったのですが、そろそろこの生活を続けるのはヤバいなという危機感を持ち始めたのが、孫正義さんの講演を聞いたときです。テクノロジーで世界は変わっていくんだと実感して、自分も変わらなきゃ、と思ったんです。

中北 毎回、同じパターンで失敗しているってわかる? 君は基本的に一つのことに没頭するんだよ。それは才能でもあるんだけどね。没頭するとほかのことが手につかなくなって、全てを投げ出すっていう傾向がある。それは明確に認識しといたほうがいい。だからこそちゃんと正しい方向性を導き出した方がいいです。ここで、もう一つの事前課題を見ていきたいと思います。5年後のビジョンを書いてもらいました。

次のページ
自分にとって魅力的なゴールを設定する