子供の小遣いどう決める? 一緒に話せば金銭教育にも

NIKKEIプラス1

「最近は宿題が後回し。雑誌の購入は認めない」「門限を守れないならファストフードへの寄り道は禁止」といった「お仕置き」につながるかもしれません。一方で「お手伝いをする」「テストの成績を上げる」などの条件や目標を達成した際の「ボーナス」も要求しやすくなります。親子で変動制のメリットとデメリットを話し合うのも、金銭教育の一環になるでしょう。

お小遣いはお金の管理を学ぶきっかけにもなります。昔ながらのお小遣い帳もいいですが、子供にスマートフォンを持たせているなら、お小遣い帳アプリもあります。目標金額を設定してゲーム感覚でたまるものもあります。

子供名義の口座を開設している家庭も多いでしょう。ただ「親が管理する子供名義の口座」は面倒になることもあります。お祝いやらお年玉やらで年間110万円超の入金があると、贈与とみなされ課税対象になることもあります。大金を窓口で動かすには、子供本人が手続きしなければいけない場合も出てきます。

口座開設で学べる金融の仕組み

いっそのこと口座開設の手続きから親子で一緒にしてみてはいかがでしょう。例えば、カードと通帳は親が保管しておいて、子供が引き出す際に渡す。その度に子供自身が通帳に使途を記入する習慣をつけさせれば、お小遣い帳の代わりにもなりそうです。

自分の口座を持つと金融機関の存在を身近に感じると思います。「預金」「利息」「貸し出し」「利子」など金融の仕組みを教えてあげる良い機会です。「預金」のお礼が「利息」。「貸し出し」には「利子」を付けて返す。まずはそういった基本で構いません。「自分のお小遣いが世の中の『資金』につながっている」と感じるだけで、経済活動への興味も湧いてきます。

今はコンビニエンスストアのATMでも手軽に預金が引き出せますが、手数料がかかります。子供にとっては、時には数百円もする手数料はとても見過ごせない水準。「手間」には費用が伴う感覚も養われることでしょう。

ちなみに東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所共同研究「子どもの生活と学びに関する親子調査2017」によれば、毎月のお小遣いの平均は小学校低学年549円、同高学年913円、中学生2213円、高校生4967円でした。

家庭の事情や方針は様々。そもそもお小遣いがない家庭もあります。「相場」だけに縛られる必要はないでしょう。大切なのは、お金の使い方や管理方法を親子で話し合い「我が家のルール」を共有することだと思います。

(ファイナンシャルプランナー 近藤 正樹)

[NIKKEIプラス1 2020年2月15日付]

注目記事
今こそ始める学び特集