私はどう育てられたか 作家が育児書を読み知ったこと

日経DUAL

育児書を読むことで過去の自分と向き合うことができる(写真はイメージ=PIXTA)
育児書を読むことで過去の自分と向き合うことができる(写真はイメージ=PIXTA)
日経DUAL

児童文学作家の藤野恵美さんは小説の参考文献として育児書を手に取り始めてから、これまで1000冊もの育児書を読んできました。育児書に触れていく中で、子どもを産む決意をし、今では9歳のお子さんを育てています。

「子どもの頃の母との関係」と向き合うために、そして今では親として、とさまざまな目線から育児書に向き合ってきた藤野さんに、どうして藤野さんが育児書を読むようになったのか、感銘を受けた育児書との出合いについて語ってもらいます。

子どもがいない頃から育児書を読みまくる

育児書に興味を持ったのは、もう十年以上も前のことです。

その頃、私には子どもはいなかったのですが、小説を書くための参考文献として、育児書を手に取ったのでした。

当時、書こうと思っていた小説は、シングルファーザーが主人公でした。妻に先立たれた頼りない父親が、ひとり娘の結婚式の日に、これまでの子育ての日々を回想するという「ほのぼの子育てミステリー」を考えていたのです。(その後、小説は『ハルさん』というタイトルで東京創元社から出版されました)

本はよく読むほうですが、書店に行っても物色するのは文芸書や雑誌や新書の棚ばかりで、このときまで育児書のコーナーに立ち寄ったことはありませんでした。

育児書がずらりと並んだ棚を見て、世の中にはこんなにも子育てについて書かれたものがたくさんあるのか、と軽くカルチャーショックを受けたのでした。

小説の人物造形に役立てるためという理由で、手当たりしだい育児書を読んでいたところ、とりわけ心に響いた一冊がありました。

佐々木正美氏の『子どもへのまなざし』(福音館書店)です。

育児書を読んで、目からうろこが落ちる

この『子どもへのまなざし』は、児童精神科医である佐々木正美氏の講演録をもとにしたもので、とてもやさしい語り口で書かれています。

たとえば、こんな文章があります。

「すこし極端な例を、お話ししますが、今日、親が子どもを虐待するということも多くなりました。(中略)早期教育も、なんとか自分の思いどおりに子どもをひきまわそうとする、親の別の虐待の例であることが多いと思います。もとの感情はおなじものなのですね。現代の親は、子どもを所有物にしすぎてしまっているのです。子どもにべつの人格を認めてあげられるほど、親のほうが成熟や自立をしていないのですね」(『子どもへのまなざし』38.39ページより引用)

刊行は1998年なので、文中の「今日」や「現代」は20年以上も前の昭和の時代の話だったりするのですが、元号が令和になったいまでも、まさに「教育虐待」というキーワードが話題になっていたりします。

実は、私自身、幼少期に親に過剰な期待をかけられ、かなり偏った早期教育を受けたという過去があり、この文章を読んだ途端、当時のことがフラッシュバックしたのです。

本文に書かれた「子どもを所有物」にしてしまう親というものについて、「ああ、これ、うちの親のことだ……」と目からうろこが落ちる思いでした。

次のページ
育児書を読んで、自分の過去と照らし合わせる