【写真はこちら】「職人家電」家メシでプロの味戸井田園子の白物家電トレンドキーワード

2020/2/20
職人しかできないような技術を再現した「職人家電」が増えている
職人しかできないような技術を再現した「職人家電」が増えている

より便利に、使いやすくするために「多機能」へ進化してきた白物家電。しかし「最近、あえて単機能にこだわる家電が増えている」と、家電コーディネーターの戸井田園子さんは解説します。家電の進化をキーワードで解説する連載、前回の「脱・休家電」に続いて取り上げるのは「職人家電」です。

【記事はこちら】「職人家電」家メシでプロの味 オムレツや焼き鳥OK

土鍋のおいしさを追求「かまどさん電気」

かまどさん電気(シロカ)。直販価格6万5780円(※公式サイトでは8万6184円。Amazonシロカ公式ショップ&長谷園公式サイトでは6万5780円)

ホテルのオムレツを毎日楽しむ「オムレツメーカー」

オムレツメーカー HST-702(ドウシシャ)。実勢価格2000円前後

コーヒーの新しい楽しみ方「ネスプレッソ ヴァーチュオ」

ネスプレッソ ヴァーチュオ ネクスト プレミアム(ネスプレッソ)。直販価格2万5300円

焼き芋屋の味を自宅で「焼き芋メーカー」

SOLUNA 焼き芋メーカー BakeFree WFT-103(ドウシシャ)。実勢価格1万2000円前後

居酒屋の焼き鳥を自宅で再現「焼き鳥メーカー2」

自家製焼き鳥メーカー2(サンコー)。直販価格6280円

専門店の味を食卓で「ラクレット&フォンデュメーカー グランメルト」

ラクレット&フォンデュメーカー グランメルト(レコルト)。実勢価格7500円前後
戸井田園子
大手プレハブメーカーでインテリアコーディネートを担当し、インテリア研究所を経て商品企画部へ。その後インテリア&家電コーディネーターとして独立。家電業界出身ではない中立的な立場と消費者目線での製品評価や解説を行っている。好きな家電は、お掃除ロボットなど、家事を任せられて時間を産んでくれる「時産家電」。

(構成 井上真花=マイカ)

【記事はこちら】「職人家電」家メシでプロの味 オムレツや焼き鳥OK

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧