ラグビーにビール、ハイネケン旋風 19年売れた商品2019年「日経POSセレクション売上NO.1」決定

ブーム逃さず波をつかんだ商品の躍進が目立った
ブーム逃さず波をつかんだ商品の躍進が目立った
日本経済新聞社はスーパーなど小売業のPOS(販売時点情報管理)データを基に、加工食品や飲料など約2000ある分類ごとに2019年に最も売れた商品「日経POSセレクション売上No.1」を決定した。ラグビーのワールドカップ(W杯)に合わせた販促強化や筋肉ブームを好機とした商品ラインアップの拡充、消費者のSNS(交流サイト)での盛り上がりを追い風にするなど機を見るに敏な商品の躍進が目立った。

19年に日本中が熱狂したイベントといえば国内初開催となったラグビーW杯。日本が初のベスト8に入り、国中が歓喜に包まれた。その恩恵を受けたのが、ラグビーW杯のワールドワイドスポンサーであるハイネケン(オランダ)のビールだ。

通常、ビール類の売り上げは8月にピークを迎えるが、日経POS情報によると、同社の「ハイネケン」は同年9月以降も売れ続けた。10月には来店客千人当たり販売金額が前年同月比4倍となり、「瓶入りプレミアムビール」部門でのシェアも68.5%と2位のサントリービール「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」に54.6ポイントの大差をつけた。

ラグビーの強豪国が多い欧州では、応援するチームの勝利を祈り、試合前からビールを飲む。試合中はもちろん、試合後もビールを飲みながらラグビーの話をするのが定番だ。

ハイネケンを国内で製造販売するキリンビールは、日本でもラグビーファンのすそ野を広げようと容器にラグビーW杯仕様のデザインを採用したほか、「にわかでいいじゃないか。ラグビーワールドカップ」というメッセージを掲げて、ライトなファン層の獲得を目指した。

そうした取り組みが奏功し、W杯期間中はビールを飲みながらラグビー観戦を楽しむ、にわかファンが急増しビール消費が拡大。大会の盛り上がりにも大きく貢献した。

W杯終了後、ハイネケンの売り上げは落ち着いていたが、ラグビーの国内リーグが開幕すると再び上昇。2.9ポイントに縮まっていた2位との差が20年1月20日の週には9.7ポイントに広がった。キリンは「今後も、スポーツにはハイネケンという訴求を続ける」という。今年は東京五輪・パラリンピックが開催される。思惑が当たれば、売り上げの一段の飛躍も可能だ。

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧