厚生年金、高収入なら減額も 繰り下げ受給が一案定年後の働き方とお金(中)

収入額によって年金の受給額を調整する「在職老齢年金」に注意したい
収入額によって年金の受給額を調整する「在職老齢年金」に注意したい

大学の同窓会への参加をきっかけに定年後の人生設計を真剣に考え始めた良男。休日の夜の筧家では、良男が幸子と恵とともにダイニングテーブルを囲み、定年後の働き方やお金に関する話を続けています。話題の中心は60歳以降の収入と年金の関係に移りました。

筧(かけい)家の家族構成
筧幸子(48)良男の妻。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。
筧良男(52)機械メーカー勤務。家計や資産運用は基本的に妻任せ。
筧恵(25)娘。旅行会社に勤める社会人3年目。
筧満(15)息子。投資を勉強しながらジュニアNISAで運用中。

良男 定年後も元気なうちはバリバリ働かないといけないと思ったんだけど、稼ぎすぎると年金が減らされてしまうという話を聞いたことがあるな。

幸子 働きながら年金を受け取る人について、収入額によって年金の受給額を調整する「在職老齢年金」のことね。会社員などが加入している厚生年金の月額と働いて得た給与などの月額の合計が一定の基準額を超えると、厚生年金が減ったり支給停止になったりするの。

良男 基準額って?

幸子 60代の前半と後半で異なるわ。60歳以上65歳未満の人は収入が28万円を超えたら減額よ。65歳以上になると基準額が47万円と一気に上がるの。

 60代前半はあまり稼げないってことね。

幸子 仮に厚生年金が10万円だったとすると、60代前半ですでに厚生年金の受給が始まっている人は給与が18万円を超えると年金が減らされるわ。ただ、今は段階的に年金の受給開始年齢が引き上げられているの。男性は1961年4月2日以降、女性なら66年4月2日以降に生まれた人は受給開始は65歳になるの。パパは67年生まれだったわよね? それなら28万円の基準額は関係ないわ。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし