厚生年金、高収入なら減額も 繰り下げ受給が一案定年後の働き方とお金(中)

 年金の受給を遅らせるとお得という話も聞いたことがあるわ。

幸子 年金の受給開始年齢は、自ら申請することで早めたり遅らせたりすることができるわ。早めればその分、受給額は減るし、遅らせれば増えるの。働き続けていて年金収入に頼らなくていい人は、繰り下げて受給額を増やす手もあるわね。

 どれくらい増えるの?

幸子 65歳時点の年金額を基準に受給を1カ月繰り下げるごとに0.7%増額するの。70歳以降に繰り下げれば最大で42%もの増額になるわ。基礎年金と厚生年金を別々に繰り下げることもでき、例えば基礎年金は65歳からもらい、厚生年金は70歳からといった方法も選べるの。

良男 そんなに増えるなら両方とも70歳まで繰り下げよう。

幸子 受給額を増やしたいからといって闇雲に繰り下げるのはリスクがあるわ。65歳からもらうはずだった年金を5年繰り下げた場合、65歳からもらった場合の年金総額を上回るのは81歳以降になるの。男性の平均寿命とほぼ同じ年齢ね。

 繰り下げ受給をするならば、在職老齢年金は関係なくなるから、その分バリバリ稼げば元を取れるんじゃない?

幸子 誤解されがちだけれど、年金の繰り下げをしたからといって在職老齢年金の基準額を気にしなくていいわけではないの。基準額を上回る収入を得たら、減額された金額を基に将来の年金額が増額されるからよ。定年後の働き方は、年金のもらい方や資産の状況などを総合的に見て考えたいわね。

■長く働き、受給額増やす
社会保険労務士 森本幸人さん
60歳以降の働き方は年金にも大きな影響を与えます。最良の老後対策は夫婦で一年でも長く厚生年金に加入しながら働き、将来の年金額を増やすことでしょう。ただ、会社員は雇用継続や再雇用など勤め先が用意したプランを提示されるのみで、自由に働き方を選べないケースも少なくありません。週20時間未満で社会保険に入らない働き方しか選べないのであれば、新たな企業に再就職したり、フリーランスで収入を増やしたりするのも手です。
リタイアや社会保険に加入せず働く人は、条件を満たせば国民年金に任意加入することを勧めます。扶養されていた配偶者も自ら年金加入の手続きが必要です。配偶者が新たに厚生年金に加入し、今度は自分が扶養に入るのも一案です。どう働き長生きに備えるか、家族で話し合うことが重要です。
(聞き手は岡田真知子)

[日本経済新聞夕刊2020年2月12日付]

注目記事
今こそ始める学び特集