厚生年金、高収入なら減額も 繰り下げ受給が一案定年後の働き方とお金(中)

良男 減額って65歳以上はどれくらい減らされるのかな?

幸子 65歳以上の場合は、47万円の基準額を超えた額の半分が厚生年金の月額から差し引かれるわ。例えば、厚生年金の月額が10万円の人が給与で月40万円もらったとするわね。月収の総額は50万円で、3万円の超過。減額されるのはその半分の1万5千円で、厚生年金の受給額は8万5千円になるの。

 一度でも基準額を超えたら減額になってしまうの?

幸子 ある月の給与収入(標準報酬月額)と厚生年金の額が基準額を超えたら、その翌月の年金額が減らされるわ。標準報酬月額は毎月見直すので、翌月の月収総額が47万円を下回れば、その次の月の年金は満額に戻るのよ。在職老齢年金はあくまでも厚生年金の制度で、ここでいう「収入」はあくまでも企業などから給与として受け取った報酬なの。フリーランスで働いて受け取った収入などはカウントされないわ。

良男 ただ、在職老齢年金の制度も変わるかもしれないとニュースで見たな。

幸子 政府は今、退職年齢の引き上げや雇用継続、再雇用などを推進しているわね。60歳以降も働きやすいように、在職老齢年金の基準額の引き上げを検討していたの。昨年は様々な議論が交わされていたわ。

 引き上げは決まったの?

幸子 昨年とりまとめられた案では、60代前半の基準額を28万円から47万円に引き上げる方針が明確になったわ。これから国会の話し合いなどを経て正式に決まるはずよ。60代後半の基準額の引き上げも検討されたけれど、こちらは据え置きとなったの。社会保険労務士の森本幸人さんは「今回は見送りとなったが、60代後半の基準額もいずれ引き上げられる可能性が高い」と指摘しているわ。

良男 「在職定時改定」という制度の導入も耳にしたよ。

幸子 65歳以降も働いて厚生年金の保険料を払う人については、例えば70歳で退職したときにまとめて年金額に上乗せするのが今の計算方法なんだけど、毎年1回計算して年金額に反映する仕組みに変えるの。これが「在職定時改定」。保険料を払い続けていれば70歳になるまでは毎年、受け取る年金額が増えていくわ。こちらも導入時期などを国会で話し合うの。

今こそ始める学び特集