雨で中止なの? 知らないと勘違いするrain checkデイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(35)rain

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「雨」を表すrainにまつわる表現を見てきましょう。

◇  ◇  ◇

ビジネスをしていると、取引先などの計らいで、いい思いをさせてもらうことありますよね。ユウカは今日は得意先で、その夜に行われる野球観戦のチケットをもらいました。なかなか手に入らない好カードのチケットだったので、大の野球ファンであるスティーブを誘うことに。もちろん一つ返事で「行く!」と答えたスティーブですが、会話中にかかってきた電話に出ると……。みるみる顔色が曇り、なぜかユウカに申し訳なさげな顔をしました。

それはこんな会話でした。

Yuka: Do you have any plans tonight, Steve?
Steve: No, just the same as usual.
Yuka: Look! Someone gave me tickets for the Yankees game tonight!
Steve: Wow! Those are usually not so easy to get your hands on!
Yuka: I have two tickets, so why don't you come with me?
Steve: Sounds good! Ah, hold on a minute I've got a phone call.
(電話を切った後)
Steve: Bad news. Can I take a rain check?
Yuka: What? Is the game going to be canceled?
Steve: No, the game isn't going to be canceled.
Yuka: Right, they can still play in the rain, I guess.

日本語に置き換えてみると次のようになります。

ユウカ:スティーブ、こんばんは予定ある?
スティーブ:いつも通り何もないよ。
ユウカ:みて!今日のヤンキースの試合のチケットもらっちゃった!
スティーブ:ええ?!これめったに手に入らないんだよ!
ユウカ:よければ2枚あるから行かない?
スティーブ:もちろんだよ! あ、電話だ。ちょっと待ってね。
(電話を切った後)
スティーブ:残念だけど、またの機会にしてもらえるかな?
ユウカ:え? 野球は中止になるの?
スティーブ:いや、野球は中止にならないよ。
ユウカ:そうよね、だって雨でも試合できるものね。

上記の会話では、野球チケットをもらったユウカがスティーブを誘って、盛り上がる2人なのですが、どうやら電話がかかってきてスティーブは仕事をしなくてはいけなくなってしまったようです。スティーブは泣く泣く定番の断り文句で誘いを断ったのですが、ユウカにはなぜスティーブが残念そうな顔をしているのか理解できいないようです。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
さらに掘り下げたいrainとその関連表現
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら