3週間で「うつ」が改善 栄養バランスよい食事で研究

日経Gooday

健康的な食事はうつを改善することが、無作為化試験で明らかに。写真はイメージ=(C)dolgachov-123RF
健康的な食事はうつを改善することが、無作為化試験で明らかに。写真はイメージ=(C)dolgachov-123RF
日経Gooday(グッデイ)

中等症から重症の抑うつ症状がある若い人が、質の低い食事をやめて健康的な食事に切り替えると、3週間後に抑うつ症状が軽減した――。そんな研究結果が、オーストラリアMacquarie大学のHeather M. Francis氏らによって報告されました。

質の低い食事とは?

一般に、質の低い食事とは、加工食品や飽和脂肪酸(肉の脂身やバターなど動物性の油脂)、精製糖(砂糖)を多く摂取する食事を指し、健康的な食事とは、果物、野菜、魚、赤身肉を豊富に摂取する食事とされています。食事の内容は、身体的な健康のみならず、精神的な健康にも影響することが分かっており、近年、健康的な食事は抑うつ症状のリスクの低下と関係することが示されていました。しかしこれまで、食事の質と抑うつ症状の間に因果関係があるのかどうかは、明らかになっていませんでした。

両者の因果関係を検討するためには、抑うつ症状のある人々を登録し、健康的な食事をとってもらって、症状が軽減するかどうかを調べる質の高い無作為化(ランダム化)試験が必要です。そこで、Francis氏らは、対象を若い成人に絞って小規模の無作為化試験を行うことにしました。若い成人に絞ったのは、思春期や成人期の早期は、うつ病を発症するリスクが上昇しており、かつ、健康的な生活の基礎を築く時期でもあるからです。この時期に好ましい食習慣を身につければ、生涯にわたって利益が得られる可能性があります。

抑うつ症状のある大学生を対象に試験

臨床試験の対象は、以下の条件を満たす同国の大学生としました:年齢は17~35歳、抑うつ症状は中等症以上(DASS-21〔うつ・不安・ストレススケール-21〕のうつサブスケールのスコアが7以上)、食事の質を評価するDFS(Dietary Fat and Sugar Screener)のスコアが57超(オーストラリアの健康な食事ガイドの推奨レベルに満たない質の低い食事をとっていることを示す)。摂食障害や代謝性疾患、うつまたは不安以外の精神疾患歴のある患者などは除外しました。

条件を満たした101人を登録して、無作為に、3週間の食事介入を行う群(介入群、51人)、または、通常の食事を継続する群(対照群、50人)のいずれかに割り付けました。介入群には、栄養士が、動画を利用して食生活の改善方法を指導しました。

推奨する食事の内容は、オーストラリアの健康な食事ガイドをベースに、うつリスクの低下に関係することが示されている地中海食の内容を組み入れるなどして、栄養士が設定しました。具体的には、表1のような食事をとるよう指導しました。参加者には、レシピやメニューの例を提示し、FAQ集とトラブルシューティングのための資料を配布しました。対象が学生であるため、短時間で調理できる低コストのレシピを中心に紹介するとともに、オリーブオイルやナッツ、スパイスなどは提供し、条件を満たす食品に限定した購入費用の援助も行いました。

(データ出典:PLoS One. 2019 Oct 9;14(10):e0222768.)

介入群が指導に沿った食事を摂取していたかどうかは、過去3週間の、推奨された食品群の摂取頻度を問う調査(Diet Compliance Score)を行って判断しました。果物と野菜の摂取量については、分光測色計を用いて1人1人の皮膚の色を測定し、フラボノイド摂取量を推定する方法を用いた評価も行いました。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
健康的な食事の群では抑うつ状態が解消
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント