powered by 大人のレストランガイド

人気とんかつの新店、訪日客もウエルカム 東京・浅草

2020/2/17
肉厚なリブロースかつは鹿児島県産の銘柄豚
肉厚なリブロースかつは鹿児島県産の銘柄豚

「ミシュランガイド東京 2015」から6年連続でビブグルマンとして掲載されている神田の人気とんかつ料理店「神田ポンチ軒」。足しげく通うファンも多い同店の新店舗が19年10月末、浅草にオープンした。東京メトロ浅草駅から徒歩5分の「マスタードホテル」1階に店を構える「ポンチ軒 浅草雷門店」はホテルの内装に合わせたスタイリッシュなデザイン。「神田ポンチ軒」の昭和レトロな雰囲気との違いに驚く人も多いだろう。

Summary
1.とんかつの人気店が新店舗を浅草にオープン
2.使用するのは上質な銘柄豚のみ。ジューシーで柔らかいとんかつ
3.外国人観光客も多い浅草ならでは、おつまみやお酒も展開

もちろん素材へのこだわりは本店と同じで、パン粉は糖分と塩分を少なめにした特注品を使用。糖分が少ないのでじっくり火を入れても焦げにくく、また塩分が少ない点は、肉の味がストレートに出ることにつながっているという。

油はラードだとくどくなるため、コーン油とゴマ油をブレンドした植物性のものを使用。厳選した素材選びによって、カラッとジューシーな味わいを実現しているのだ。

「上ひれかつ定食」。各店の料理人が自店の豚の銘柄を選ぶ

人気の「上ひれかつ定食」はゴロっと大ぶりのかつが存在感抜群。豚は群馬県産の銘柄豚を使用している。上ひれかつ自体は「ポンチ軒」全店にあるが、使用している豚は店によって異なるという。

これは他のメニューに関しても同じで、それぞれの店の料理人が独自の目ききによってベストなものを選んでいる。となると、同じメニューを各店で食べ比べてみるのもおもしろいかもしれない。

共通点としては、いずれの店舗でも上質な豚を厳選しているため「並」が存在しないということ。ベーシックなメニューが「上」なのである。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド