腕貸しのプロエンジニアが増加 正社員派遣が選択肢に

電子回路の周波数を測定する電気系エンジニア(メイテックの神奈川県厚木市の研修施設)
電子回路の周波数を測定する電気系エンジニア(メイテックの神奈川県厚木市の研修施設)

製造業で設計や開発に携わる電気・機械系エンジニアが足りないとの声を聞きます。新卒採用に苦労し、即戦力を求めて中途採用に踏み切る企業も増えてきました。

パーソルキャリアの転職サービス、dоda(デューダ)は、求人数を転職希望者で割った値である「転職求人倍率」を集計しています。昨年12月は全体では3.14倍で前月に比べ0.33ポイント上昇しました。電気・機械系エンジニアに絞ると5.27倍で同0.59ポイントの上昇でした。同社を利用する人や企業に限定したデータですが、電気・機械系エンジニアの転職市場は「売り手市場」になっています。

理工系人材の不足が指摘される日本では、モノづくり系エンジニア不足は構造問題ともいえます。大浦征也執行役員dоda編集長は「構造的な人手不足に加え、あらゆるモノがネットにつながるIoTといった先端技術に対応できる人材へのニーズが高まっている。電気・機械系エンジニアの転職求人倍率は今後2、3年は現在の水準が続く」と予測します。

誰でも引く手あまたというわけではなさそうですが、人材の流動化は進んでいます。自動車メーカー出身の青木高夫・専修大学客員教授は「モーターや燃料電池、ナビゲーションシステムといった技術を持つエンジニアが足りない自動車メーカーは、中途採用で補充している」と解説します。大手メーカーでも定年まで勤務する人ばかりではなく、「40代を中心に、労働条件を比べて転職する人も増えている」と変化を感じています。

エンジニアを製造業に派遣し、人手不足の解消に貢献する企業もあります。メイテックは電気・機械系を中心にプロのエンジニアを正社員として採用、製造業に派遣しています。一企業への派遣期間は平均3年です。

引き合いが多いのは自動車と産業用機器、電気・電子機器メーカーで、最も比重が高いのは自動車です。最近は自動運転に取り組む企業が多く、周辺環境や位置を把握するカメラやレーダー、車の前進や停止を制御するソフト、障害物を検知するアルゴリズムに詳しいエンジニアを求めています。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
米田洋・メイテック取締役「企業、常にエンジニア不足
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら