遠くから高齢ドライバー見守る 運転能力わかる車載器

日経トレンディ

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA
日経トレンディ

注目の新製品や新サービスをピックアップ、市場性や開発者の声などから、日経トレンディ記者が大胆に「ヒット予報」をする。今回取り上げたのは、オートバックスセブンの運転見守りサービス「くるまないと」だ。

◇  ◇  ◇

オートバックスセブン「WEAR+i 運転見守りサービス『くるまないと』」
オートバックスセブン「WEAR+i 運転見守りサービス『くるまないと』」 
●実勢価格:本体1万9800円(取り付け工賃込み)、初期登録費用3000円、利用料980円/月(いずれも税別) 
●本体サイズ:幅44×高さ17.7×奥行き83mm 
●販売:オートバックスドットコム 
●搭載機能:通信モジュール(3G)、GPS、加速度センサー 
●発売日:2019年12月9日

2019年、たびたび報じられた高齢ドライバーによる自動車事故。親の運転に不安を抱えている人には、カー用品大手のオートバックスセブンが発売した「くるまないと」が心強い味方になるかもしれない。

くるまないとは、3Gの通信モジュールと各種センサーを内蔵した車載用のIoT機器。クルマの現在地や移動履歴、急ブレーキや急ハンドルの回数など、様々な情報を離れた場所にいる家族がインターネット経由で確認できる仕組みだ。

クルマの現在地や移動履歴をウェブアプリで確認できる。同社の調査では誤差は5メートル以内だという。運転の見守りには十分な精度だ

親の運転もリアルタイムで見守れる。事故で一定以上の衝撃を検知した際は通知ですぐ確認でき、その場で現在地を把握して対応できるのはメリットだ。設定した範囲から出ると通知が受け取れる機能もある。

また、急ブレーキなどの回数は月ごとに表示。その回数を追っていくことで、運転能力に変化が無いか継続して確認することができる。もし急に回数が増えていたら、免許の返納を促すきっかけや、説得の明確な根拠にも使える。

オートバックス店舗で取り付けてもらえる。煩雑な作業をする心配は無い。遠方からの依頼も可能。取り付けは国産車(レクサスを除く)に対応

価格は、オートバックス店員による取り付け工賃込みの本体、初期登録費用合わせて約2万5000円。サービスを使っている間は、月に約1000円の利用料がかかる。オプションで、事故を検知した際にはコールセンターから運転者に電話し、状況によって、代わりに救急車を呼ぶなどのサービスもある。万が一への備えとして、検討する価値はある。

急ブレーキなどの回数が表示されるので、おおまかに運転の安全性も把握できる。月ごとに回数を比較できる機能は、運転能力が落ちていないかの確認にも有効
ヒット予報
ドライバーの高齢化は今や社会問題の一つ。大手損害保険会社の自動車保険特約には、車載器を活用した事故対応など類似のサービスがある。ただ、サービスを単体で取り入れられる同商品には、一定のニーズがあるだろう。

[日経トレンディ2020年3月号の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧