会社帰りにジム シューズ収納付きビジネスバック3選特集 ジムトレーニングに活躍する注目グッズ(中)

ジム通いに役立つグッズを紹介する特集、第2回は職場から直接ジムへ行くときに便利な、シューズが収納できるビジネスバッグを紹介する
ジム通いに役立つグッズを紹介する特集、第2回は職場から直接ジムへ行くときに便利な、シューズが収納できるビジネスバッグを紹介する

「今年こそ運動をしよう!」と意気込んではみたものの、外を走るにはまだ寒く、なかなか第一歩を踏み出せないという人も多いのでは? そんな人はジムに通うのも一手。ジムであれば寒さや時間帯を気にせず運動できる。今回は、そんなジムトレーニングに活躍する注目グッズを、独自の視点でピックアップした。第1回はジムでも力を発揮する話題の厚底ランニングシューズを取り上げたが、第2回はそんなシューズの持ち運びに便利なビジネスバッグを紹介する。ビジネス向けデザインでありながらシューズ収納スペースを備えているため、仕事帰りのジム通いに最適だ。

収納力抜群で出張にも対応/エアー

エアー「Travel Pack 2 small」(3万2000円、税別※以下同) サイズ:幅32×高さ48×厚さ19センチ 重さ:1500グラム

シューズ収納スペースを備えたバッグはスポーツデザインのものが多い。そんななか、ビジネスでも違和感なく使えるバッグを展開しているのが、サンフランシスコ生まれのAer(エアー)だ。2014年のブランド創業時からシューズ収納スペースを搭載したビジネス向けバッグを提案しており、アクティブなビジネスパーソンやクリエイターから支持を得ている。

今回紹介するのは、スマートで効率的な旅行を実現するためにデザインされた「トラベルコレクション」の新作バックパック。もともと発売していた「Travel Pack 2」を小さめサイズに設計し、毎日の通勤や普段使いを可能にした。

バッグ底部にシューズ専用のコンパートメントを搭載。メインコンパートメントとは分離されているため、汚れた靴も安心して入れられる。

バッグ底部にシューズ専用のコンパートメントを搭載する

メインコンパートメントはコの字に大きく開くフルオープン構造で、スポーツ時の着替えなども収納しやすい。バッグ前面はオーガナイザーを搭載した大型ファスナーポケット、バッグ背面はクッション付きのPCコンパートメントになっており、それぞれが独立した構造のため使い勝手も抜群。この収納性の高さも魅力だ。

素材は丈夫なコーデュラバリスティックナイロン。人間工学に基づいたショルダーハーネスを採用しており、背負い心地もよい。仕事帰りのジム通いはもちろんのこと、旅行用バッグなので出張にも便利。出張先でランニングする際などにも活躍するだろう。

発売して間もないが、売れ行きは好調だという。「国内外に出張の多い30~40代のビジネスパーソンや、仕事帰りにスポーツなどを楽しむ方に重宝されている」(エアーの日本代理店を務めるMSPCのプレス辻川直也氏)

MONO TRENDY連載記事一覧
次のページ
使い勝手のいい2Wayトート/ブリーフィング
MONO TRENDY連載記事一覧