乃木坂46、20年の主役は誰? 世代別の顔から分析

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

2月21日から「8th YEAR BIRTHDAY LIVE」の開催を控える乃木坂46。昨年末には『NHK紅白歌合戦』5年連続出場を果たし、ミリオンヒットも連発中。勢いは止まらないが、グループを代表する顔には変化が生まれている。2020年の主役は誰なのだろうか。

現在の乃木坂46は1期生から4期生まで43人が在籍(2019年12月20日現在)。2011年に初めてファンの前に立った1期生と13年に加入した2期生が計20人。近年グループに加わった3期生(16年)と4期生(18年)が計23人となり、キャリアを重ねた先輩世代と、継承していくフレッシュ世代が約半数ずつの構成となっている。

(写真:高橋定敬)

先輩世代はこの1年で卒業が続いた。シングル表題曲でセンターに計7回(Wセンターを含む)立った1期生の西野七瀬は18年末に卒業。19年2月には京セラドームで卒業コンサートが開催された。ドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』(19年7月公開)では、グループにとって大きな転換期となるきっかけとして、西野の卒業を描いている。

5月には将棋が得意で、『将棋フォーカス』(Eテレ)の総合司会として知られていた2期生の伊藤かりん、9月には12年6月から初代キャプテンを務めてきた桜井玲香が卒業。2代目キャプテンとして桜井と同じ1期生の秋元真夏が就任した。

変化したのは、先輩世代だけではない。19年9月発売のシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』では18年12月に初めてファンの前に立ったばかりの4期生・遠藤さくらが初選抜入りでセンターポジションに選ばれた。その両脇も、同じ4期生の賀喜遥香と筒井あやめが固め、この3人は音楽番組やバラエティにも多数出演している。

シングルはミリオン突破を続け、「真夏の全国ツアー2019」では全8公演で29万人を動員。『NHK紅白歌合戦』に5年連続出場を果たすなど、アイドルシーンのトップを走り続ける彼女たち。だが、今年2月にはCDデビューから8回目の誕生日を迎えるタイミングで、グループをけん引する“顔”にも変化が生まれつつある。

先輩世代はソロ仕事に注力

中心はまだ先輩世代の1、2期生ではある。「真夏の全国ツアー2019」では、生駒里奈(18年卒業)がセンターを務めた『太陽ノック』(15年7月発売)で1期生の齋藤飛鳥が、西野七瀬のセンター曲『夏のFree&Easy』(14年7月発売)で2期生の堀未央奈がそれぞれセンターに立った。

既に知名度の高い1期生は、新しいソロ仕事を次々と開拓していくことが活動の中心になっている。アイドルに興味のない層も目にするところでの仕事を増やしていくことで、乃木坂46を知る入り口を増やす役割を果たす。

白石麻衣は女性誌のモデルを務め、同性ファンも増やすという流れを作ってきたが、19年1月より、ソフトバンクのCMに岡田准一、土屋太鳳らとともに登場。お茶の間でもおなじみの顔となった。19年4月クールには連ドラ『俺のスカート、どこ行った?』にレギュラー出演して、古田新太らと共演。今年も、2月公開の映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』にヒロイン役で出演するなど、女優としても積極的に出演作を重ねている。

齋藤飛鳥は19年に、『アナザースカイ』『ぐるぐるナインティナイン』(ともに日本テレビ系)などのテレビ番組にソロ出演。冠バラエティなどでは、口数の少ない印象だったが、素顔を見せる機会が増えた。今年、初夏には齋藤が主演する映画『映像研には手を出すな!』が公開予定。3期生の山下美月、梅澤美波と共演する。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
3期生も後輩をけん引する
エンタメ!連載記事一覧