N
年金・老後
野尻さんの定年1年生

2020/2/14

野尻さんの定年1年生

これに対して、日本の制度改正は現役層の資産形成支援が中心で高齢者のニーズをくみ取るところまで至っていません。しかも資産形成支援も遅々たる動きです。

2037年末に制度が終了するつみたてNISAは、20年間の積み立て投資で最大800万円を非課税投資できるという制度設計でした。しかし、現状では19年から投資を始めると19年間しか新規投資を続けられません。この場合の投資総額は760万円(40万円×19年)で、毎年投資できる額は減ってしまうという制度設計でした。

今回の改正で42年まで5年間延長しましたから、23年に投資を始める人までは累積投資額は800万円(40万円×20年)が確保されます。もちろん非課税期間は20年のままです。改善には間違いありませんが、本来は恒久化すべきものですから、まだまだ改善の余地は大きいと言わざるを得ません。

一般NISAの衣替えも改正に盛り込まれました。新NISAは、一般NISAが23年末に終了するのを受け、24年から28年までの非課税投資を認める制度です。

新NISAは「2階建て」と称され、1階部分はつみたてNISAと同様のものを想定しています。年間の投資枠は20万円、非課税期間は5年間。投資対象はつみたてNISAと同じものに限定され、積み立て投資が必要になります。

2階部分は1階部分を使っていることが前提です。ただ、投資経験者で個別株投資をする人は1階部分での積み立て投資は不要になります。2階部分は従来の一般NISAと同じですが、個別銘柄では整理銘柄や管理銘柄、投資信託ではレバレッジ型を対象から外すなどの条件が追加されています。

新NISAで制度が5年延長されたことはメリットです。ただ、今さら積み立て投資をする立場ではありませんから、私の年齢では使いにくい制度なのです。

注目記事
次のページ
制度はより簡素であるべし