就活ウェブテストでは何みられてる? 配属先に影響も就活探偵団

イラスト=強矢さつき
イラスト=強矢さつき

エントリーシートや面接の陰に隠れておろそかにしがちなのがウェブテスト(適性検査)対策だろう。就活生の性格や能力などを企業が診断するのが目的だが、奇問や難問に直面する先輩たちも多かったようだ。どのように対策したらよいのか。就活探偵団が探った。

1月末、東京・お茶の水にあるオフィスビルの一角を訪れると、リクルートスーツを着た就活生が一人、また一人と出てきた。「途中から問題が難しくなってきて焦った」。その中の一人、金沢大学大学院1年の塚田学さん(仮名)は表情を曇らせながらこう語った。

ここは「SPI」という適性検査を受けるテストセンター。会議室のような場所にパソコンが備え付けてある。塚田さんのパソコン画面に出てきたのは「AさんやBさんらはそれぞれ次のように証言している。3人の人間関係について、必ずしも誤りと言えないものはどれか」。考えている間も制限時間を示すマークは刻一刻と動き、マウスを持つ手が震えた。

計算問題や文章の並べ替え問題を順調にこなせただけに悔しさがにじむ。「先輩から教えてもらった参考書を一周しましたが……。もう少し対策すればよかったかな」

社会人1年目の藤原浩介さん(仮名)は一昨年、ある大手IT(情報技術)企業の選考で受けたウェブテストが忘れられない。「入社後に活躍している私」というお題に合わせて、三角や丸、星などの図形を画面上に配し、イラストを完成させるという内容だった。「何を評価しているのか分からなかった」と話す。

コンプライアンス意識も測る

このようなテストを提供する企業のホームページを見ると「コンプライアンス傾向」や「ストレス耐性」などを見ていることが分かった。テストを扱う販売代理店関係者に聞くと「能力検査とは違い、受検者が企業に与えるリスクなどをみているようだ」といった説明があった。従業員が不適切な動画を投稿する「バイトテロ」などが話題になるが、就活生のコンプライアンス意識を測るこういったテストは一定の需要があるそうだ。

ウェブテストは主に3~4月のエントリーシートの提出と同じ時期に面接前の予備選抜として実施されることが多い。私用のパソコンで受けられるものと企業指定のテストセンターで受けるものがある。

就活サイトを運営するワンキャリア(東京・渋谷)によると、対策本が販売されている主要なウェブテストは9種類。なかでもシェアの高い代表的なテストがリクルートマネジメントソリューションズ(MS、東京・品川)の「SPI」、日本エス・エイチ・エル(SHL)の「玉手箱」と「WebGAB」、ヒューマネージ(東京・千代田)の「TG―WEB」の4つだ。

一部で英語の問題があったり、難易度の差があったりはするが、設問はいずれも計算問題などで論理的思考力を測る能力検査と「外向的」「内向的」などの性格の傾向を測る性格検査の2種類からなる。学校で受けるような知識の確認や応用をみる学科試験とは異なり、受検者本人がこれまでの人生で積み重ねてきた論理的思考力や本来持つ性格の特徴をみているという。

導入は増加傾向

ウェブテストを導入する企業は増加傾向だ。リクルートMSによるとSPIの利用社数は増えており、2019年3月期は約1万3200社と過去最高だった。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ
次のページ
対策本を解いても点数アップしない?
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ