体も心もリセット スリランカ・アーユルヴェーダの旅

早朝のヨガの時間。1人で参加する人が多かった
早朝のヨガの時間。1人で参加する人が多かった

自発的に日常生活から離れて、体と心をリセットするような旅をしたくなる時がある。スリランカのアーユルヴェーダ施設「カルナカララ・アーユルヴェーダ・リゾート」は、そんな「リトリート」ができる場所だ。医師の診断によって施されるさまざまなトリートメント、体質に合わせた食事など、自分を見直すきっかけにもなるそうだが、どんなものだろう。

アーユルヴェーダは、サンスクリット語で生命を意味する「アーユス」と科学を意味する「ヴェーダ」が合わさった言葉。健康や美の向上のための施術に加え、食、さらに生活時間などを含めた人生の向上を目指す。ツアーを催行する旅行会社PINKによると、「当社は女子旅が多く、半分は一人旅。心と体のにいい旅を求めて、アーユルヴェーダ施設に1人で足を運ぶ人は多い」という。

セサミなど5種類の種やニンニクを細かくなるまで杵でついて、ガーゼでくるむ「ハーブボール」を使う

スリランカへは、成田発着のスリランカ航空の直行便なら約9時間で、夕方到着する。今回滞在したカルナカララは空港から約30分と初日からゆっくりできる。日本人と日本語の話せるスタッフがいて、毎朝の医師の診断や生活アドバイスの時にも通訳をしてくれる。朝にはヨガ、夕方に瞑想(めいそう)、トリートメントは午前と午後の1日2回。さらにクッキングデモンストレーション、アーユルヴェーダワークショップ、伝統衣装のサリーの着付けなどアクティビティーに参加することもできる。

アーユルヴェーダでは、人が持つヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(地)という3つのドーシャ(体質)のバランスを取ることを目指す。持って生まれた体質もあるが、その時の生活の状態などで変わり、バランスが悪いと不調をもたらすという。

カルナカララは緑の広がる敷地に17棟のコテージ。今春には30室あるタワー棟もできる
ヨガと瞑想を行うパビリオンの前。お香がたかれ、精神修養の場にふさわしい

施設では、まず医師の問診と、3本の指を手首にあてて感じる脈の強弱で体質を診断する脈診で体質を診断し、それを基に取るべき食事やトリートメントの内容を決める。私の場合は、ヴァータとピッタが強いタイプ。スパイシーなものや酸味の強いもの(パイナップルなど)は避けて、水(白湯)をたくさん飲むようにとのアドバイスだった。ランチには、医師が選んだ食品で野菜や穀物、豆などを使った優しい味のスープに、数種のカレーのメインとコメ、新鮮なフルーツかヨーグルトにココナツのハニーをかけたものが出た。

注目記事