首の中の痛みって? 日本人が勘違いするpainの使い方デイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(34)pain

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は痛みを表すときに使う単語、painにまつわる表現を見てきましょう。

◇  ◇  ◇

ユウカのチーム内で、これからやってくるイベントに向けてのミーティングが行われていました。スティーブと手伝ってくれそうな人について話していたところに、新入りのライアンが通りかかりました。一緒に仕事をしたことがなかったので、手伝ってもらってこれを機に仲良くなれたら仕事もやりやすくなるかも、と考えたユウカ。スティーブに彼に手伝ってもらったらどうかと提案してみました。そこでスティーブは彼についてのコメントをしたのですが……。

それはこんな会話でした。

Steve: We really should start getting ready for the next event.
Yuka: We really should. There is a lot to do.
Steve: I don't think we'll finish in time if it's just us two.
Yuka: I wonder if anyone would be willing to help.
(同じ部署のライアンが通りかかる)
Yuka: What about him? Do you think he'd help?
Steve: No way, that guy is a pain in the neck.
Yuka: Really? Is he hurt?
Steve: No, he's not hurt. He just complains a lot.
Yuka: Oh, so he's worked so much that his shoulders started to hurt?
Steve: His shoulders?

日本語に置き換えてみると次のようになります。

スティーブ:次のイベントに向けて準備進めないとね。
ユウカ:そうね、やることたくさんあるわよね。
スティーブ:2人だけだとちょっと間に合わないかもな。
ユウカ:誰かに手伝ってもらわないとね。
(同じ部署のライアンが通りかかる)
ユウカ:彼はどう?協力してくれないかしら。
スティーブ:いや~、あいつは面倒なやつなんだよ。
ユウカ:え、けがでもしてるの?
スティーブ:いや、けがはしてないけど。仕事の文句ばっかりいうんだよ。
ユウカ:あ、仕事のしすぎで肩が痛いの?
スティーブ:肩?

上記の対話では、途中2人の前を通りかかったライアンについて話したところ、会話の行き違いが起きているようです。ユウカは新入りのライアンとはほぼ接点がなく、どんな人物か知りませんでした。そこで、お近づきになろうと思ったのですが、仕事を何度かしたことあるスティーブはあまり乗り気ではないようです。その理由を、painを使って述べたのですが、ユウカには伝わりませんでした。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧
次のページ
さらに掘り下げたいpainとその関連表現
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧