体育の授業でスマホゲーム 生徒が発案、筑波大付属高

Paravi

東京都文京区の進学校、筑波大学付属高等学校の体育の授業では、スマートフォンを片手に生徒が走り回っています。一体何をしているのでしょうか?

実は、拡張現実(AR)を使った対戦型ゲームを取り入れた体育の授業なのです。スマホで仮想の的を攻撃したり、仮想の盾で守ったりするもの。2019年度から取り入れました。

生徒は「気がついたら、汗をかいている」と言います。

筑波大学付属高等学校では、生徒が授業の内容を提案できます。この授業を提案した池田駿介さんは「誰もやったことがないようなものをやりたいと思って選んだ」そうです。

体育課の先生も「体の運動が加わってくるので採用した」と言います。

スマホで仮想の的を攻撃したり、仮想の盾で守ったりする対戦型ゲームを体育の授業に取り入れた

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年11月12日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2020年1月24日付記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧