#日経イチグラ 南関東からのクイズに挑戦 Vol.1「作問」の魅力

学校のクイズサークルなどからとっておきのクイズを募って優秀作を表彰する「日経1問グランプリ」(日経イチグラ)には、全国から100以上の良問が集まりました。応募作を順次、ご紹介します。U22編集チーム、クイズメディアQuizKnock、現役強豪プレーヤーである徳久倫康氏、廣海渉氏らが、応募作の中からピックアップしてコメントもつけています。クイズをつくる「作問」の魅力を伝えます。北から順に北海道地区から九州地区までの問題を掲載していきます。

今回は南関東地区の第1弾。

「玉Q」「早稲田中高クイズ研究部」「岩Q槻(いわくつき)」「埼玉クイズ王コミュニティ」です。

玉Qからの問題

  • Q1

    「流通経済大学」ではなく「帝京大学」出身である、ラグビーワールドカップ日本大会でも活躍したサントリーサンゴリアスでスクラムハーフを務めるラグビー選手は誰でしょう?

  • 正解は…

    『流大(ながれ・ゆたか)』

    ラグビー中継を見ていて「流通経済大?」と思ったことがある人なら、前フリ部分でとんちをきかせて反応できるかも?でも、流選手のフルネームの読み方をきちんと知らないと正解できない、ちょっときびしい問題です。所属は出題時の2020年2月現在です。(玉Qの解説)

岩Q槻(いわくつき)からの問題

  • Q2

    もともとは旧・岩槻市役所及び岩槻区役所があった場所に、今年2020年2月22日にオープンした、ご当地・埼玉県岩槻が、国内有数のある伝統工芸品の産地だったことからその「あるもの」を展示し、その伝統や文化を生かした観光施設として作られたのは何の博物館でしょう?

  • 正解は…

    『人形(岩槻人形)』

    正式名称は「さいたま市岩槻人形博物館」。もともと岩槻は城下町として江戸時代から発達した街であり、ご当所の江戸木目込み人形が昭和53年に、更に岩槻人形が平成19年に国の伝統的工芸品に選ばれている為、この博物館構想は昭和30年代あったそうです。(岩Q槻の解説)

早稲田中高クイズ研究部からの問題

  • Q3

    近づくバレンタインデーに思いを巡らす三人の女子高生の姿を描いたアニメーションを主軸に据える、「よりバレンタインを楽しんでもらいたい」という考えの下に、この冬ロッテが展開するキャンペーンは何でしょう?(※2020年2月14日の出題です)

  • 正解は…

    『ピンクバレンタイン』

    アニメーションとEveの『心予報』をよく広告で目にするため作問。『心予報』に登場する「だいすき」の縦読みに倣って、問題文の最初、読点の直後をつなげると「ちよこ」→「チョコ」となるのがポイント。(早稲田中高クイズ研究部の解説)

埼玉クイズ王コミュニティからの問題

  • Q4

    埼玉ゆかりの偉人・渋沢栄一が27歳の時に、将軍徳川慶喜の弟・昭武にお供して参加した国際博覧会は、ヨーロッパの何という都市で開かれたものでしょう?

  • 正解は…

    『パリ』

    2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公であり、2024年度発行予定の新一万円札の肖像になる埼玉郷土の偉人・渋沢栄一。若き栄一に多大な影響を与え、日本経済の礎を築くきっかけとなったフランス・パリ万国博覧会訪問を題材にした。(埼玉クイズ王コミュニティの解説)

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
コメントはこちら
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録