#日経イチグラ 北関東・甲信のクイズに挑戦 Vol.1「作問」の魅力

学校のクイズサークルなどからとっておきのクイズを募って優秀作を表彰する「日経1問グランプリ」(日経イチグラ)には、全国から100以上の良問が集まりました。応募作を順次、ご紹介します。U22編集チーム、クイズメディアQuizKnock、現役強豪プレーヤーである徳久倫康氏、廣海渉氏らが、応募作の中からピックアップしてコメントもつけています。クイズをつくる「作問」の魅力を伝えます。北から順に北海道地区から九州地区までの問題を掲載していきます。

今回は北関東・甲信地区の第1弾。

「松本深志高校Quiz研究会」「SQL」「長野高校クイズ有志の会」「群馬クイズ愛好会」です。

松本深志高校Quiz研究会からの問題

  • Q1

    現在のJR東海道本線の駅で、名前に都(みやこ)を意味する「京」という漢字が使われている三駅とは、東京駅・京都駅とどこでしょう?

  • 正解は…

    『長岡京(駅)』

    東京→京都→長岡京と東から順番に、また知名度が他の2つと比べてやや低い長岡京が答えになるように並べています。ちなみに日本の歴史上の都(短命に終わった福原京を除く)を遷都された年代が遅い順に並べると、ちょうどこの順番になります。(松本深志高校Quiz研究会の解説)

SQLからの問題

  • Q2

    1443年以降、毎年記録が残されているため、世界的にも貴重な自然観測記録となっており、建御名方神が妻の八坂刀売神の元に通った跡という伝説にもなっている、冬の諏訪湖で見られる、凍結した湖面に亀裂が走ってせり上がる現象は何でしょう?

  • 正解は…

    『御神渡り(おみわたり)』

    科学と伝承の両方の側面を盛り込んだ、私達の拠点、信州にちなんだ問題です。観測記録は、ネイチャーのオンライン誌に載った気候変動に関する論文 https://nature.com/articles/srep25061 でも資料として使われ、世界中の研究者から参照されています。(SQLの解説)

長野高校クイズ有志の会からの問題

  • Q3

    その体重はリンゴ70個分、身長はリンゴの木の半分くらいとされ、冬にはスキー場で滑っているところも見られる、長野県のPRキャラクターは何でしょう?

  • 正解は…

    『アルクマ』

    身長・体重がリンゴで例えられることから、何かのキャラクターであることが想像されます。「リンゴ」「スキー場」の単語から長野県を連想できるかどうかがカギ。アルクマって寒がりなんですね。(長野高校クイズ有志の会の解説)

群馬クイズ愛好会からの問題

  • Q4

    もしラジオNIKKEIアナウンサーの隼(しゅん)さんが相撲でトップに立ったらこれになるのか?」という思いつきはさておき、「三役は必須」という決まりにより今場所(2020年3月)、38年ぶりに鶴竜が兼任扱いでこう書かれた大相撲の番付表記は何でしょう?

  • 正解は…

    『横綱大関』

    前置きはさておき、ラジオNIKKEIの大関隼アナは、高校生クイズの全国大会に出場しています。横綱は不在でも構いませんが、三役(大関・関脇・小結)は東西1人ずつ必要なため、こういう処置が執られます。(群馬クイズ愛好会の解説)

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
コメントはこちら
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録