『シャボン玉~』を愛する人々の熱い思い(井上芳雄)第61回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。2月はミュージカル『シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)までとんだ』の日比谷シアタークリエでの公演が2日に千秋楽を迎えた後、福岡、大阪と公演が続きます。シャイな青年の悠介を演じながら、作品の素晴らしさに体が震え、毎回泣けてしまいます。共演の方たちの思い入れも深く、ものすごい熱量を感じています。

『シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)までとんだ』は日比谷シアタークリエで2月2日まで上演中。2月7~9日:福岡・福岡市民会館、2月12~15日大阪・新歌舞伎座で上演(写真提供:東宝演劇部)

『シャボン玉~』は1988年に音楽座の作品として初演された、日本のオリジナルミュージカルの傑作です。俳優さんにも、この作品を見てミュージカル俳優を目指したという方が大勢います。そんな伝説の作品に出られること自体、僕にとっては夢のようなこと。しかも今回は、音楽座、劇団四季、宝塚歌劇団、東宝といった様々な出身の方たちが集まって、新しい『シャボン玉~』を創り上げたのが素晴らしい経験でした。

事の始めは数年前、坂本真綾さんとの2人芝居のミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~』の打ち上げだったかで、みんなで飲んでいたとき。真綾さんが音楽座が大好きだったという話になり、僕も「舞台中継を録画したのを何回も見たんだよ」、プロデューサーの小嶋麻倫子さんも「私も学生のころ、大好きでした」と、盛り上がりました。それで、音楽座さんから作品の権利を貸してもらえる可能性があるかもしれないという話になって、「じゃあ、やりたい」と。よくある飲み会の席で夢を語るといった話だったのですが、今回はそれが本当に実現した珍しいパターンです。

上演が決まって、うれしかったのは、初演でヒロインの佳代を演じた土居裕子さんをはじめ、畠中洋さん、吉野圭吾さん、濱田めぐみさん、藤咲みどりさん、照井裕隆さんら音楽座に在籍していた方々が参加してくださったこと。

土居さんは、出演を迷ったともおっしゃっていましたが、宇宙人のピア役で出てくださることに。土居さんに出ていただけたことで、新しい『シャボン玉~』が認められたような気がして、うれしかったです。今回、佳代を演じているのは元宝塚雪組トップ娘役の咲妃みゆさん。土居さんは佳代の役について、当時どんな思いで演じていたとか、もっとこうすることもできたんじゃないかとかを、咲妃さんや演出の小林香さんにいろいろ話されていて、そんなみんなの思いが今回の佳代のキャラクターに反映されている気がします。

宇宙人のテムキ役の畠中さんも初演のメンバー。佳代が働くことになる喫茶ケンタウルスのマスターを演じている吉野さんや、清水役の藤咲さんも音楽座時代に『シャボン玉~』に出ていました。濱田さんは、土居さんらにあこがれて音楽座に入ったので、今回の話を聞いて、自らプロデューサーに電話して「出してほしい」と訴えたそうです。マスターの妻・春江役を演じています。ダブルキャストでマスター役の福井晶一さんは劇団四季の出身ですが、『シャボン玉~』を見てミュージカル俳優を志したので、濱田さんと話すうちに「2人とも入れてほしいね」となったそうです。