佐々木蔵之介 ふらっと出た旅で出合った薩摩切子

目的地を決めないで旅に出るのが好きだという佐々木蔵之介さん
目的地を決めないで旅に出るのが好きだという佐々木蔵之介さん

『嘘八百 京町ロワイヤル』『記憶屋 あなたを忘れない』と2本の映画が公開中。大河ドラマ『麒麟がくる』と『知らなくていいコト』と2本のドラマにも出演し八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍を見せる佐々木蔵之介さん。50代に入った人気俳優が語ってくれたのは、「2、3日休みがあれば出かける」という旅の思い出の品々だった。

旅先の鹿児島で一目ぼれした「薩摩切子」

「僕は正直に言うと、モノにこだわりがないんです。時計にこだわっているとか、何かを集めているとか、そういうことがない。ただ……1個挙げるとすれば、薩摩切子かな。

10年くらい前に、急に休みができて、気分転換にどっか行こうと思ったんですよ。僕はよく東京駅に行ってからどこ行くか決めて旅行に行くことがあるんですけど、そのときは羽田空港に行って、行くところを決めようと思って。最初は八丈島とか、島がいいかなと思ったんです。でも『ひょっとして、天候が悪くなって帰れないといけないな』と考えて、陸路で帰れるなるべく遠い場所にしよう、と。それで選んだのが、鹿児島でした。1泊2日、ホテルを押さえて飛行機に乗りました。

事務所の会長が鹿児島出身なので、一応連絡したところ、ちょうど鹿児島の実家に戻られていて『せっかくやから、来い』と(笑)。お宅にお邪魔して、お酒飲んで、いろいろ話してたら、『もうホテルはキャンセルして、ここに泊まれ』と。『いやぁ、今からキャンセルなんてできないけど……まあまあ、泊めさせてもらいます』と言って、結局、一泊させてもらったんです。その翌日、何かお土産買おうと思って探して出合ったのが、薩摩切子でした」

「旅先では、食べログみたいなもので調べて食べに行ったりもしますけど、あとは嗅覚。街を歩きながら、雰囲気のいい店にふらっと入ったりします」

薩摩切子は、鮮やかな色と繊細な切子模様が特徴のガラス工芸品だ。江戸時代、島津家28代当主・島津斉彬が海外との交易品として育てたものの、死後に生産が中止。それを1980年代、島津家の末裔(まつえい)である鹿児島の島津興業が復元し、今では鹿児島を代表する工芸品として知られる。

愛用の薩摩切子

「見た瞬間、『ああ、キレイだなあ!』と思いまして。薩摩切子にも、いろんな色があるんです。黄色とか青とか赤とか、紫もあって。なかでも紫が一番出にくいから、値段が高いんだそうです。『せっかくなら紫を買おう』と思って、買って帰りました。

これがね、何用のものかわからないんですよ(笑)。高さは10センチくらいかな。茶器でもないし、いかにもなグラスでもない。いまだに『何用なんだ?』という感じ(笑)。それに日本酒とかを入れて飲んでいます。近々、もう一回鹿児島に行くんですよ。ちょっとまた、見てみようかな」

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
陶芸品も人も、ゆがみが「個性」になる
MONO TRENDY連載記事一覧