予算3000円無線イヤホン アマゾンの人気製品を比較

日経PC21

イヤーピース部分の赤が特徴的。ハウジングは金属製で質感も良い。IPX7等級の防水性能を備える
イヤーピース部分の赤が特徴的。ハウジングは金属製で質感も良い。IPX7等級の防水性能を備える
「EVIO スポーツワイヤレスイヤホン」(EVIO)●音声対応コーデック:SBC、AAC(iOSのみ)●通信距離:最大10メートル●連続再生時間:最大10時間●充電時間:約2時間●実売価格 2278円

ブルートゥース機器で、最近、人気なのがイヤホンだ。今回は3000円以下で買えるアマゾンでの売れ筋製品を実際に使ってチェックしてみた。

まずは、首かけタイプの「EVIO」。アマゾンのイヤホン・ヘッドホンの売れ筋ランキングで5位(2020年2月中旬時点)と、3000円以下のブルートゥースイヤホンでは、最も人気のある製品だ。

中国メーカーは粗悪な化粧箱の製品も多いが、本モデルの化粧箱は艶消しで高級感がある。国内製品と比べても遜色ないほど造りが良い

中国メーカー製とはいえ、化粧箱は艶消しの厚紙を使用したしっかりとした造りで、国内製品と比べても遜色がない。付属品はS、M、Lサイズのイヤーピース、充電用のマイクロUSBケーブル、説明書類。本体には、もともとMサイズイヤーピースが装着されているため、Mサイズのみ2セット同梱されている。

付属品はS、M、Lサイズのイヤーピース、充電用のマイクロUSBケーブル、リーフレット、説明書。本体には、もともとMサイズイヤーピースが装着されており、Mサイズのみ2セット同梱されていることになる

首にかける際は、磁石で左右を胸元でくっつけておける。ネックバンドは柔らかめで、首にかけると自然と首のかたちに沿ってくれる。平たく細いケーブルは、耐久性には少々懸念があるものの、装着感はとても良好だ。充電端子もしっかりとキャップで保護されている。

ハウジング部分に磁石を内蔵し、首かけ時は胸元で左右をくっつけておける。磁力が程よく、激しく動いても外れないが、使用時はすんなりと外れる
ネックバンドは柔らかめ。長時間首にかけておいても疲れにくかった

気になる音質は2000円強の価格なら十分納得。さすがに解像感が高いとまではいえないが、何もいわれなければ、筆者としては5000円以上の製品かと思ってしまうほどだ。

ケーブル右側に再生・停止、音量のボタンと、充電用のマイクロUSB 端子を備える。マイクロUSB 端子にはゴム製の保護キャップが付いており、ほこりの侵入を防げる
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧