powered by 大人のレストランガイド

煮干しラーメンが多様に進化 豚骨・貝とマリアージュ

「中華蕎麦 萌芽」の「豚骨煮干中華蕎麦」
「中華蕎麦 萌芽」の「豚骨煮干中華蕎麦」

煮干しからだしを採った「煮干しラーメン」、通称「ニボラー」が今、さらなる進化・発展を遂げつつある。 このジャンルは記憶に新しいところかもしれないが、3、4年前に一大ブームを巻き起こした。当時は煮干しが持ち合わせる「エグ味」や「苦み」をも余すところなく表現した、スープが灰褐色を呈する超濃厚タイプのニボラーが一世を風靡した(いわゆる「セメント系」)。端的に言えば、ニボラーというジャンルの中でも、「セメント系」の人気がずば抜けていた。同系の一人勝ち状態だったと言って良い。あれから一時期、落ち着きを見せていたニボラーの勢いが復活しつつある。

だが、今回のブームの様相は数年前とは、いささか異なるものだ。以前よりも、提供されるニボラーのバリエーションが格段に増えたのだ。ラーメン職人が煮干しの取り扱いにこなれ、効果的に煮干しを活用した、様々な種類のラーメンが楽しめるようになったのだ。

今回はそんなニボラーを提供する優良店を2軒紹介したい。同じニボラーの枠でくくられるとはいえ、両店舗とも味わいを全く異にする。このため、2店舗をハシゴしても、それぞれ相応の満足感が得られることだろう。機会があれば是非、足を運んでもらいたい。

中華蕎麦 萌芽(ほうが)

<スープは煮干しに豚骨をオン。甘美なうま味広がる>

オープンは2019年12月3日と、産声を上げてまだ日が浅い同店。だが、店内はいつなんどき足を運んでも、ほぼ常に満席状態という盛況ぶり。

いつ訪れても、ほぼ満席状態の人気店

店舗のロケーションがJR北柏駅から徒歩3分弱と至便なこともある。だが、関東エリアを代表する複数の実力店で修業を重ねた店主のラーメンづくりの手腕が数多くの食べ手から、高く評価されているからに他ならない。

現在、同店が提供する麺メニューは「豚骨煮干」「煮干」「豚骨」「つけ麺」の4種類。加えて20年2月から、「油そば」の提供を開始する予定だという。

中でも、ニボラー好きに召し上がっていただきたいのが、券売機筆頭メニューであり、店主が創意工夫の末、同店ならではのオリジナリティー豊かな味わいに仕上げたと胸を張る「豚骨煮干中華蕎麦」だ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド