新種の鳥続々発見 インドネシアの離島、狭まる生息地

日経ナショナル ジオグラフィック社

2020/1/31
ナショナルジオグラフィック日本版

トギアン諸島を構成するバトゥダカ島で見つかった新しい亜種、トギアンヒメアオヒタキ(Cyornis omissus omississimus)(PHOTOGRAPH BY JAMES EATON, BIRDTOUR ASIA)

世界全体で1年間に発見される新種の鳥は、この20年間の平均でおよそ6種だ。しかし、2020年はそれどころではないようだ。インドネシアの3つの島を6週間調査しただけで、これまで記載されていなかった種と亜種が合計10種類も見つかったと、1月10日付けの学術誌「サイエンス」に報告された。

驚くべき成果をもたらした島々は、スラウェシ島の東に浮かぶタリアブ島、ペレン島、バトゥダカ島だ。シンガポール国立大学の鳥類学者で研究を主導したフランク・ライント氏によると、研究者たちは既に未知の鳥たちが潜む場所と予測していたという。理由の1つは、英国の博物学者、アルフレッド・ラッセル・ウォレスといった19世紀の探検家たちが、これら山がちの島々にあまり時間をかけなかったからだ。

「加えて、深い海に囲まれた島々をどうしても調査したいと私たちは考えていました。氷河期の間も広い陸地とはつながらなかったので、他では見つからない種の発見がとても期待できる場所だったのです」と、ライント氏は話す。

熱帯林の鳥の多くは開けたところに出てきたがらない。そのため、「海があったり、幹線道路が通るだけでも、ある森林地帯から別の森林地帯への移動が妨げられることがあります」とライント氏。そのため、まれに嵐で海上に飛ばされるなどして、たまたま離島に行き着いた鳥が、やがて別の種に進化するのかもしれない。

新種の鳥のうち、ペレンメボソムシクイ(Phylloscopus suaramerdu)とタリアブメボソムシクイ(Phylloscopus emilsalimi)は、昆虫を食べる小さな鳴き鳥で、主にユーラシアに広く分布するメボソムシクイ属の仲間だ。他には、様々な花の蜜や果実を食べるミツスイ属のタリアブミツスイ(Myzomela wahe)、動揺したり警戒したりすると尾羽を扇形に広げるオウギビタキ属のペレンオウギビタキ(Rhipidura habibiei)が見つかった。

インドネシア大学のフィールド生物学者、モハマッド・インドラワン氏は、今回の論文発表には関わっていないが、ペレンオウギビタキを初めて捕獲し、報告した人物だ。

「新種の記載に心から拍手を送ります」。同島の住民たちと協力し、30年近く森林保護のために活動してきたインドラワン氏はこうコメントした。「このことは大きな助けになります。しかし、今は種の絶滅の時代であり、気候変動の時代です。したがって、これらの鳥を守るため、さらなる取り組みができればと思います」

ナショジオメルマガ
次のページ
聞いたことのない鳴き声
ナショジオメルマガ