成長期のティラノサウルス発見 新種論争に決着か

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

ティラノサウルス・レックスは、骨まで砕く巨大な肉食恐竜だった。だが未成熟個体のものと見られる化石は、彼らが10歳代の頃には、ナイフのような歯を持つスリムで俊足の捕食者だったことを示唆している(ILLUSTRATION BY JULIUS T. CSOTONYI)

6600万年前、北米の大地には、王者ティラノサウルス・レックス(Tレックス)の足音が鳴り響いていた。Tレックスの化石は、白亜紀の地層から豊富に見つかっている。にもかかわらず、孵化してからあれほど巨大になるまでの成長過程については、これまでのところ手がかりが少なかった。

だがこのほど、未成熟なティラノサウルス類の骨の断面を詳細に分析した結果が、1月1日付けで学術誌「Science Advances」に発表された。論文は、Tレックスの成長速度がその時々で変化していたことを示唆。食物が少ないときには成長を遅くすることができ、進化上の利点となっていた可能性がある。

この研究はまた、もともと異論の多かった「ナノティラヌス」と呼ばれる恐竜の存在に、さらなる疑問を投げかけている。ナノティラヌスは、古生物学者らが1980年代に、Tレックスとは別のティラノサウルス類の新種と分類した小柄な肉食恐竜。しかし、研究が進むにつれて多くの専門家が、ナノティラヌスの化石はおそらく成長途上のTレックスだろうと考えるようになった。

今回、研究対象になったのも、ナノティラヌスの可能性がある骨。その微細な構造を初めて調査した結果、調べられた2体の化石については、未成熟な個体であると確認された。つまり、可能性は2つに1つ。この化石がナノティラヌスだとすれば、成熟した個体がまだ発見されていないか、もしくは、ナノティラヌスは存在せず、調査された化石は若いTレックスであるかだ。後者であれば、これらはTレックスの重要な発達段階を垣間見せてくれる化石だということになる。

「Tレックスほどの有名な恐竜ですら、まだわかっていないことが多いのです」と論文の著者で米オクラホマ州立大学健康科学センターの古生物学者ホリー・ウッドワード氏は話す。「卵からかえってから、どうやって体重9トンの巨体になるのか、その生活史はほとんどわかっていません」

10歳代で急成長、1日2キロ増

成熟個体の研究により、Tレックスは20歳代半ばまでに巨大な体になることがわかっている。2004年に発表された2つの有名な論文によれば、Tレックスは10歳代に急激な成長期があり、その間は体重が1日に平均2キログラム強増加していたことが示唆されている。しかし、成熟したTレックスだけでは判然としない部分も多い。骨は成長とともに生まれ変わり、幼い頃に作られた骨は徐々に消えてしまうからだ。

「ハトほどの大きさの孵化直後からバスよりも大きな成体になるまで、かなりの速さで成長する必要があったはずですが、10歳代の間にどのように成長したかはよくわかっていないのです」。英エディンバラ大学の古生物学者で今回の論文を査読したスティーブ・ブルサット氏はEメールでそう語る。

その問題に取り組んだのがウッドワード氏だ。氏は子どもの頃から顕微鏡をのぞくのが大好きで、恐竜の骨に残る微細な構造を研究するようになった。氏が率いる調査チームは今回、米モンタナ州で発見されイリノイ州のバーピー自然史博物館に保管されている2体の恐竜の標本に着目した。1体は「ジェーン」と名付けられた、ほぼ完全な骨格が残る体長6.4メートルのティラノサウルス類。名前のないもう1体は、欠損している部分も多いが、おそらくジェーンよりも大きかったと考えられている。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
骨に残る年輪
ナショジオメルマガ