9世紀のバイキング船 埋葬されたのは女王か神官か

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

ノルウェーの首都オスロのバイキング船博物館に展示されているオーセベリ船。西暦820年頃にオーク材で建造されたもので、蛇の頭の形に彫られた螺旋状の船首は特に注目に値する。海に入った痕跡がないため、埋葬用の船だったと考えられている(PHOTOGRAPH BY UNIVERSITY OF OSLO)

19世紀末、ノルウェーの若い農夫ヨハネス・ハンセンは、米国に降り立った。当時の多くのスカンジナビア人がそうであったように、新たな生活を始めようと高い希望を抱いていた。しかし、ある占い師との出会いが、彼の計画を変えた。なにもわざわざ、米国で苦労して金を稼ぐ必要はない。故郷の農場には、お宝が眠っているというのだ。

1930年代のノルウェー南部オーセベリの郷土史に記されたこの運命的な出会いは伝説のようなものだが、この出会いが後に、バイキング時代に関する最も刺激的な大発見の1つにつながることになる。

ハンセンはオーセベリに戻り、自分の土地にある奇妙な墳墓の発掘を始めたが、何も見つからなかった。彼はこの墳墓を、1349年に大流行した黒死病(ペスト)の犠牲者の埋葬地と考え、そこで掘るのを止めた。

ハンセンたちが、この地域に重要な過去の遺物があるかもしれないと考えるのには理由があった。1879年、オーセベリと同じベストフォル県にある町ゴックスタッドで、2人の若者が、9世紀のバイキングの王子の墓を発見していた。そして、その謎の墳墓からは、さらに驚くべきものが発掘された。総木造りバイキング船である。

埋まっていた船

1903年、ハンセンの隣人の1人クヌート・ロムは、オーセベリの農場を買い取った。ロムが古代の遺物を探し続けたところ、まもなく何かを見つけた。それは、わずか20センチの木片だった。小さな発見だったが、大発見の予兆でもあった。

オーセベリで見つかった副葬品の荷車に彫刻された頭(PHOTOGRAPH BY OVE HOLST/UNIVERSITY OF OSLO)

ロムは、100キロほど離れたノルウェーの首都オスロにある国立古代遺物大学博物館のガブリエル・グスタフソン教授を訪ねた。ベテラン考古学者のグスタフソンは最初、農夫のロムを門前払いにしたようだった。だが、ロムが木片を見せると、グスタフソンは複雑で見事な彫刻に目を見張った。その木片は、間違いなくバイキングのものだと確信した。

グスタフソンは、その翌日には早速オーセベリに行き、墳墓を訪れ遺跡を調査した。1903年8月10日、グスタフソンはノルウェーの報道陣に、重要なバイキングの埋葬船を新たに発見したと発表した。占い師の予言は外れたことになる。お宝を見つけたのは、ハンセンではなくクヌート・ロムだった。ロムは、土地の代金として1万2000ノルウェークローネ(約1400ドル)を受け取った。当時の価値では、相当な大金である。

ナショジオメルマガ
次のページ
発掘の開始
ナショジオメルマガ