後回しにしがちな介護の備え ボードゲームで自分事に「もしもの時」をゲームで疑似体験 (下)

日経Gooday

ボードゲームを使って介護を疑似体験できるワークショップ「けあとの遭遇」にて
ボードゲームを使って介護を疑似体験できるワークショップ「けあとの遭遇」にて
日経Gooday(グッデイ)

人生の終末期や親の介護など、いつかは誰もが体験するであろう「もしもの時」。その時が訪れないと、なかなか現実味が湧かない「もしもの時」をゲームで疑似体験できる場が登場している。前編では、余命半年の設定で自分の大切なことに気付くカードゲーム「もしバナゲーム」を紹介した。今回、取り上げるのは、ボードゲームを使って介護をリアルに体験できるワークショップ「けあとの遭遇」。ゲームを開発したand family代表取締役の佐々木将人さんと、取締役の濱正樹さんにゲームの趣旨や広がりを聞いた。

「親ともっと話しておけば……」

日々、仕事で忙しくしている中、突然、親の介護が必要になったらどうすればいいか。介護の未経験者にとってはイメージが湧いてこず、何から手を打っていいのか混乱するかもしれない。

「けあとの遭遇」は、仕事と介護の両立という問題を、盤上でコマを動かすボードゲームでシミュレーションできるワークショップだ。ゲームを開発したand familyが誰でも参加可能な体験会や、企業研修で行っている。研修としては、従業員に介護の問題が起きた時に職場で気軽に事情を話せ、介護離職を予防するためのアプローチとして「話せる職場づくり」を目的に実施している。

ゲームを開発したand family代表取締役の佐々木将人さん(左)と、取締役の濱正樹さん(右)

佐々木さんが介護について関心を持ったのは、介護事業所を経営していた友人から、「介護サービス利用者の家族の支援まで手が届かなかった」と聞いたことがきっかけだ。

「私は『自分自身の病気と仕事の両立』をひとり抱え込んでしまい、そのために倒れてしまったことがあります。その経験から、自分の親に介護が必要になっても、きっと私は職場にそのことを話せず、問題を抱え込んでしまうのだろうと思いました。そんなことから、働きながら介護を抱える方、介護をすることになるかもしれない方を助けることができれば社会的に意味があるのではないかと、2018年から約半年かけて家族介護者の方々に介護中に困ったことなどについてインタビューしてきました」(佐々木さん)

その中で、はた目からするとこれ以上頑張ることができないほど頑張っていた人が「もっと親と話しておけばよかった……」とずっと後悔している言葉が気になった。その人は、突然の介護に直面した時に短期間に多くの判断を迫られ、「親の意向や気持ちを聞いてあげる気持ちの余裕がなかった。親も遠慮して話すことができなかったのかもしれない」と話していた。

「突然の介護に向けての心の準備をしておかないと、同じように後悔する人が生まれるのではないかと思いました。その準備とは、親と普段からコミュニケーションを取り、その人となりやどんな人生を歩んできたかを知っておくこと。そうすれば、親を一人の人として認識でき、年を重ねて弱っていく親を受け入れやすくなる可能性があります。それに、介護施設の利用の意向や終末期の医療についての希望、介護が起きた時に相談できる相手などをあらかじめ知っておくと、いざ介護に直面した時にパニックにならずに済むのではないかと思いました」(佐々木さん)

だが、介護の問題はその時になって考えることになりがちであり、そのメッセージを介護が始まる前の人々に伝えるのはとても難しい。「そこで、介護が起こる前に行動を起こしてもらうには、自分事として捉えられる体験が必要ではないかと考えたのです。ちょうどその頃、子どもの教育用に購入したボードゲームがあることを思い出し、介護のようにとっつきにくいもの、イメージしにくいものでもゲームにすることで自分事に考えられるのではないか、と思い付いたのです」(佐々木さん)

それから半年ほどでボードゲームの形になり、2019年1月に東京で行われた介護や医療などの展示会「Care Show Japan(ケアショー・ジャパン)」に出展。体験会を開いて知人らに参加してもらいながらブラッシュアップし、同年3月にはand familyを創業。以来、体験の場を広げている。

次のページ
悩むうちに自分の価値観が見えてくる