powered by 大人のレストランガイド

節分の豆まき 雪国ではダイズでなく、落花生の不思議

節分にダイズのかわりに落花生で豆まきをする地方もある=PIXTA
節分にダイズのかわりに落花生で豆まきをする地方もある=PIXTA

今年の節分は2月3日。節分には「鬼は外、福は内」と声をあげながら豆まきをする。この豆、一般的にはいったダイズを使うが、「殻付き落花生」をまく地域があるのをご存じだろうか。北海道や東北、信越にはこうした地域が多いという。

千葉県生まれ千葉県育ちの私が信州に移住し、節分には落花生をまくと知ったときには心底驚いたものだ。友人が「あすは節分だからスーパーで落花生を買ってきたの」というのを聞いて、てっきり節分を祝う宴のつまみかと思ったら、子どもと一緒に使うという。

よくよく聞けば、節分の豆まきのことだと分かった。移住してから受けた数々の「食のカルチャーショック」のうちの一つである。

話はずれるようだが、異文化コミュニケーション教育という学問において、人は異文化に遭遇したときに4つの時期を経験すると聞いた。最初はすべての新しい環境が楽しく思える「ハネムーン期」、次に新しい文化に違和感や敵対心を持つ「ショック期」、まわりの環境に慣れて文化変容が見られる「回復期」、そして、すっかり異文化に適応し、ストレスや違和感がなくなる「安定期」があるとのこと。

この心的ストレスが回復していく様子を曲線になぞらえて、「カルチャーショックのU字カーブ理論」と呼ぶのだそうだ。

特に食に関しては、人は自分が育った場所の食文化こそが素晴らしいと信じ、それ以外の文化には敵対心を持つ「ショック期」が長いように思う。私も信州の人がサバ缶をみそ汁にすると聞いたときには「うわっ、気持ち悪っ!」と思って、しばらくは口にする気にならなかった。お盆やお彼岸には、まんじゅうに衣をつけて揚げた「てんぷらまんじゅう」をお供えすると聞いたときもかなりの違和感を抱いた。移住して8年くらいになるけれど、これは一度も食べたことはない。

しかし、「信州では節分の豆まきに殻付き落花生を使う」と聞いたときには一瞬衝撃を受けたものの、すぐに「それ合理的でいいねぇ!」とその文化をリスペクトするようになった。「カルチャーショックのV字回復」である。

殻付き落花生で豆まきをすると何がよいか。それは、これまで節分の豆まきで不満に思っていたことが一気に解決するからである。

豆まきのやり方は地域や家庭によって少しずつ違うだろうが、我が実家ではダイズを家の中と外でまいた後、部屋に落ちたダイズを年齢の数だけ拾って食べさせられた。掃除した後とはいえ、床に落ちた豆はホコリがついていそうで、ちょっと嫌だったのを思い出す。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト