自分だけの手帳をつくる 付せん・テープでアクセント今旬ときめきステーショナリー

自分らしい手帳に楽しく便利にアレンジできる新作文具(キット)
自分らしい手帳に楽しく便利にアレンジできる新作文具(キット)

新年を迎えると、何か新しいことを始めてみたり、チャレンジしてみたりというポジティブな気持ちになりませんか? 1年の年間目標を決めて月ごとの予定を書いたりと、年の初めから使える1月始まりの手帳を使っている方も多いのではないでしょうか。新しい手帳に買い替えると気分も楽しくなり、手帳をもっと使いこなそうという気持ちになりますよね。そこで、もっと自分らしい手帳に楽しく便利にアレンジできる新作文具(キット)を紹介します。

カレンダーやノートページを華やかにするマスキングテープ

手帳を使っていると、予定をペンで書いていくだけでなんだか地味だなと感じて、もう少し楽しんで手帳を使いたいなと感じることはありませんか? 手帳のマンスリーやノートページを手軽に華やかにしてくれる文具が、マークスの「水性ペンで書けるマスキングテープ・ミシン目入り・スリム・手帳デコ」シリーズです。

テープの幅が細いので持ち運びも便利

マンスリーページやノートページに使えるマスキングテープで、1巻きで3つの絵柄がセットになっています。柄は1~31までの日付の数字がプリントされた「日付・タイトル用」と、無地で自由に記入ができる「マンスリー・タイトル用」の2つに分かれています。デザインはそれぞれ6種類ずつ計12種類とバリエーションがとても豊富です。ポップ・水彩・ガーリー・クラフト柄など、それぞれテイストが違うので自分好みのものを選んで使えます。値段は各540円(税抜き)です。

ミシン目が入っているので手で簡単に切り離せます

使い方はとても簡単。使いたい柄を切り離して貼るだけです。一般的なマスキングテープは手でちぎるか、ハサミを使い切ってから貼る必要がありますが、こちらのシリーズはマイクロミシン目が等間隔に入っているので、手できれいに切り離すことができます。

マンスリーやノートページのアクセントに

「マンスリー」はマンスリーページの1日のマス目にぴったりフィット。柄の色や種類に合わせて予定を書き分けることもできます。マンスリーの幅が2マス分の「タイトル」や、柄のみがプリントされたものもあるので2日間にまたがる予定を書き込むこともできます。従来のマスキングテープは、水性ペンのインクをはじいてしまいましたが「水性ペンで書けるマスキングテープ」は、その名の通り水性ペンや蛍光ペン、消せるボールペンなどを使って文字を書くことができます。自分の好きなペンを使い、マンスリーやノートページに彩りをそえてみてはいかがでしょうか?

注目記事
次のページ
書いていくだけで目標がまとまる付せん