カレーやリゾットを本場の米で 人気高まり国産も登場

バスマティライスを使ったインドの炊き込みご飯「ビリヤニ」(東京都中央区のバンゲラズキッチン)
バスマティライスを使ったインドの炊き込みご飯「ビリヤニ」(東京都中央区のバンゲラズキッチン)

カルナローリ、カルローズ、バスマティライス……。聞き慣れない外国米を使うエスニック料理店やイタリア料理店が増えている。インドの炊き込みごはん「ビリヤニ」、イタリア料理のリゾットなど、料理によっては外国米の方が向く。「本場の料理には現地のコメを」と使い始めている。外国産米はおいしくないとのイメージも根強いが、外国米を味わってみる機会となっている。

「バンゲラズキッチン」。JR有楽町駅近くにある南インド・マンガロール地方の料理専門店だ。カレーや炊き込みごはんのビリヤニなど、南インドの本格料理が楽しめると評判になっている。同店では2018年1月の開店当初からインド産のコメ「バスマティライス」を使う。

バスマティライスは、「香りの女王」との異名をもつ。インドやパキスタンでは高級なコメだ。見た目は「短粒種」の日本米よりも細長く、タイ米と同じ「長粒種」。食べると独特の芳醇(ほうじゅん)な香りが漂う。

「香りが良く、カレーやビリヤニのスパイスとの相性が抜群。口当たりの軽やかさが特に女性から人気だ」と、同店のバンゲラ・プラシャント代表は話す。

1月中旬、初めて来店したデザイナーの佐々木爽慧さん(30)が注文したのはバスマティライスを使った「カジキマグロのマンガロールビリヤニ」(税別1856円)。インド料理には欠かせないスパイスの一種「ベイリーフ」などをきかせて味付けしてある。

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧