2020/1/25

◆アイヴァン 7285
若さは肌色をキレイに見せるオリーブグリーンで

3万5000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ブルゾン12万円/デラン(トヨダトレーディング プレスルーム)、パーカ2万2000円/エストネーション(エストネーション)

若々しさを演出するなら、肌をきれいに見せてくれるオリーブグリーンのフレームがおすすめ。フレームの細いメタルだと目が強調されないため、眼力が強く見えるセルフレームがベストです。

意外にもオリーブグリーンのフレームは多くのブランドで展開。こちらは掛け心地が軽快なアイヴァン 7285のセルフレーム。オーセンティックなボストンシェイプですが、テンプルから透けてみえる芯金に彫金を施すなど、細部までこだわって作られています。

◆リンダ ファロー
若々しさにエレガントさもプラス

4万2000円/リンダ ファロー(ヴィジョナイズ)

セレブに愛用者も多いイギリスのアイウエアブランド、リンダ ファローは、高品質な素材を使用し、ジャパンメイドのクオリティの高いアイウエアを展開。細身のリムとチタン製テンプルを合わせたコンビネーションフレームは、すっきりした品のいい仕上がりで、若々しさだけでなくエレガントさも演出できます。

◆金子眼鏡
大人っぽく見せたいのなら素材で勝負!

メガネ56万円/金子眼鏡(金子眼鏡店 青山店)、スーツ13万9000円/ルイジ ビアンキ マントヴァ(トヨダトレーディング プレスルーム)、ニット3万1000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)

大人っぽさを演出するなら、18金やシルバーといった高級素材で勝負するのがイチバン。コゾーには到底真似のできない、大人ならではの貫禄や余裕を手に入れることができますから。

モデルが着用しているのは、金子眼鏡が手掛ける18Kイエローゴールドの超高級メガネ。一山のようなブリッジのデザインがクラシカルで、知的さも醸し出せます。もちろんお値段もそれなりで、大人の男にしか似合わないメガネといっても過言ではありません。

◆ザ・スペクタクル
ヴィンテージというのも手です

92万円/ザ・スペクタクル(グローブスペックス ストア)

レストアしたヴィンテージアイウエアを展開する、ザ・スペクタクル。こちらは、1931年頃に製造されたアメリカン・オプティカルのフレームで、なんとフレーム、テンプル、ノーズパッドにいたるまですべて金無垢。テンプルに施された美しい彫金も見どころで、アイウエアというよりもはや高級アクセサリーです。

◆岡田哲哉さん
世界最大級のメガネ展MIDOでベストストア賞を2年連続で受賞したアイウェアショップ「グローブスペックス」の代表取締役。日本だけでなく海外からも多くの人が訪れる同店は、渋谷、代官山につづき、2020年春には京都に3店舗目がオープン予定。

◆お問い合わせ
アイヴァン 7285 トウキョウ/03-3409-7285 ヴィジョナイズ/03-6804-3652 エストネーション/0120-503-971 金子眼鏡店 青山店/03-6434-7533 グローブスペックス エージェント/03-5459-8326 グローブスペックス ストア/03-5459-8377 コンティニュエ/03-3792-8978 ジョン スメドレー銀座店/03-3571-0128 トヨダトレーディング プレスルーム/03-5350-5567 真下商事/03-6412-7081 モスコット トウキョウ/03-6434-1070 リーミルズ エージェンシー/03-5784-1238

※表示価格は税抜きです。

写真/栗原大輔(Roaster) スタイリング/笠島康平 文/西原智美

LEON

[ウェブサイト『LEON.JP』2019年11月27日公開の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE