日本上陸の小米から格安スマートウオッチ 心拍も測定戸田覚の最新デジタル機器レビュー

新登場のMiスマートバンド4
新登場のMiスマートバンド4

中国のITメーカー小米(シャオミ)がついに日本に上陸した。スマホで有名なメーカーだが、炊飯器や掃除機など、家電にも進出している。今回は小米製のスマートウオッチ「Miスマートバンド4(Mi Band 4)」を詳しくレビューする。

この製品は、カテゴリーづけするのが少々難しい。アクティビティーモニター(活動量計)とも言えるし、スマートウオッチと捉えてもいいだろう。メーカーは「スマートバンド」と呼んでいる。十分に時計として役立ち、心拍の計測もできる。何より素晴らしいのが、アマゾンの直販で税込み3839円という安さ。これぞ小米らしいコストパフォーマンスと言えよう。ちなみに、小米が日本で初めて発売したスマホの「Mi Note 10」は、そこまで割安感がなく、Miスマートバンド4のほうが市場を塗り替えそうだ。

ハードウエアの完成度は高い

Miスマートバンド4は、ブレスレットタイプの製品で、バンドからはずしたときの本体重量は22.1グラムしかない。非常に軽く、毎日24時間つけていても負担を感じないほどだ。

この軽さに加え、0.95インチの有機ELディスプレーを搭載しており、非常に明るく見やすい。さすがに画面サイズが小さく文字が読みづらいが、そこは、ある程度の妥協が必要だ。

すごいのが、約2時間程度の充電で、最大20日も使えることだ。月に2度ほど充電すればずっと使い続けられるわけだ。Apple Watchは、高機能で画面も大きいが、約2日ほどで電池がなくなる(機種による)ので、その差は非常に大きい。

しかも、加速度計で歩数をカウントできるほか、心拍センサーまで備えている。つまり、時計としての利用に加えて、ずっと歩数を計測し、心拍を測り続けても20日持つわけだ。

内側にはグリーンに光る心拍センサーを搭載
画面下部に小さな丸形のタッチセンサーが内蔵されており、これがホームボタンのように使える。あとは、画面のスワイプやタップで操作する

バンドからの脱着が面倒

バッテリーの持ちは良いのだが、充電が面倒なのがこの製品の唯一と言っていい欠点だ。本体をバンドから取り外して、専用の充電アダプターにセットする必要があるのだ。その際のバンドからの脱着がとにかく固く、力の弱い女性には難しそうだ。電池が切れる前に充電するとしても、月に2回ほどの作業でいいわけだが、それにしても使いづらい。

なお、バンドは他のメーカーからも多数発売されており、11色で1880円という安価な市販品を手に入れてみたが、実用性は十分だった。やや耐久性に欠けると思われるが、価格を考えれば十分だろう。

専用の充電アダプターはUSB接続で利用する
充電器は自分で用意する必要があるが、一般的なUSBの充電器が利用できるはずだ

安価なバンドを購入してみたが、普通に利用できた