2020年最新テレビ事情 8Kよりも「地味」な進化に期待

CESでは各社が「8K」テレビをアピールした。写真は中国Skyworthブース。8Kテレビが大量に展示され、完全な「8Kシフト」だ
CESでは各社が「8K」テレビをアピールした。写真は中国Skyworthブース。8Kテレビが大量に展示され、完全な「8Kシフト」だ

筆者は例年年初に、米ラスベガスで開催されるテクノロジーイベント「CES」を取材している。ここでは毎年、世界市場、特に米国と中国のテレビの姿が分かるし、日本メーカーも出展しているので、今年のテレビのトレンド全体が分かるのだ。

8Kが話題だったものの…

2020年のCESでのテレビのトレンドは「8K」に尽きる。ほとんどのメーカーが8Kのテレビを展示し、数字としても「8K」が躍った。ソニーなども製品化しているが、特に積極的だったのは中国系のメーカーだ。どのブースにも必ず「8K」があった。これはすなわち、8Kのパネルを使ったテレビを作ることは、もはや他社との差異化要因にはならない、ということだ。

韓国サムスン電子も8K対応テレビを展示。写真は、ベゼル(額縁部)が極限まで細い「ベゼルレス」モデル、「Q950S」。日本での発売予定はない

実のところ、中国では8Kテレビが日本以上に注目され、19年のうちに「市場が立ち上がる」と言われていた。中国の富裕層に向けたビジネスだが、彼らの家は日本よりも広く、消費意欲も高い。お国柄として、スペック重視の傾向もある。そのため、8Kのテレビが中国市場で盛り上がるのでは……とされてきた。

だが、その予想は当たらなかったようだ。ソニーのAV機器部門である、ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ高木一郎社長は、「中国市場で、米国との通商摩擦の影響もあって高額製品の伸び悩みが目立つ。特に8K。期待が高かったが、市場を実際に見ると広がってはいない」と状況を説明する。同様の話は他社からも聞こえてきた。8Kは期待ほどヒットしなかった。だが、液晶パネルメーカーの製造ラインは急には止まらない。生産されたパネルを消費するため、色々な企業へと出荷が増えて、結果として20年のCESには「8K」の文字が躍った……ということのようである。

8Kテレビが中国市場で振るわなかった理由は、価格の問題もあるが「コンテンツ」の問題も大きい。4Kですらようやく増えてきたところに、8Kはまだまだ少ない。だから、なかなかブレイクしづらいのである。

「大型が喜ばれる」市場から進む8K化

8Kコンテンツが少ないことは、20年も変わりはない。もちろん、映画やドラマの制作現場では、8Kの導入は進み始めている。そのスピードは、多くの人が考えているよりも速い。2020年の東京五輪・パラリンピックでは、8Kによる撮影や中継も多く行われる。

ただ、だからといって8Kテレビで見られるネーティブ8Kコンテンツが劇的に増えるか、というとそうでもない。8K放送はゆっくりとしか広がらないし、ネット配信も、8Kはまだまだ時期尚早。20年末に発売される予定のソニーの「プレイステーション(PS)5」やマイクロソフトの「Xbox Series X」といった新型ゲーム機は8Kに対応するが、「8Kも表示できるがソフトの対応は4Kが中心」というところだろう、と想定される。

すなわち、CES会場で8Kの文字が躍ったほど、8Kそのものが急速に広がるとは考え難い。

ではなぜそれでも、各社は「8K」をアピールしたのか?

それは、CESが米国市場を軸にしたイベントであることと無縁ではない。米国市場は中国と同等以上に「大型テレビ」が求められる。日本では十分に大型といえる55型ですら普通の大きさで、家電量販店からピックアップトラックに積んで持ち帰るサイズ、という扱いである。70型・80型であってもちゃんと旺盛なニーズがある。そのクラスだと、コンテンツは4Kであったとしても、アップコンバート機能を使って8Kパネルに表示した方が体感上の品質は上がる。その上で、8Kパネルが低価格化していくとするならば、米国・中国市場を想定したテレビは「8K」というメッセージを強く打ち出すことになるのも当然、という見方ができる。

では日本はどうか?

MONO TRENDY連載記事一覧
次のページ
ソニーはコスパ向上、パナソニックは新画質モードで勝負
MONO TRENDY連載記事一覧