日経マネー

2020/1/27

カリスマの直言

その気になれば世界をリードも

澤上篤人氏(撮影:竹井俊晴)

澤上 再生可能エネルギーとして太陽光発電は不安定だ。風力発電も陸上に適地は限られており洋上に出ていくしかない。洋上風力といっても、日本には着床式に向く遠浅の海岸が少なく、技術的に難しい浮体式を積極的に推進するしかない。確かに難しい面はあるだろう。だが、皆、ネガティブな議論ばかりしていて、再生可能エネルギーへの一歩を踏み出そうとしない。官民挙げて原発に執着しているのとは大違いである。

草刈 ホンダが四輪車で世界に躍り出たのは、米国の排出ガス規制、マスキー法をクリアして、低公害と燃費の良さが米国の消費者に認知されたことからです。米国のBIG3をはじめ世界の自動車会社がさじを投げるほどハードルの高い規制だったわけですから、周りは本当に度肝を抜かれたでしょう。ホンダはこれが成功しなければ四輪車市場からの撤退も考えていたというほど追い詰められていたと聞きます。まさにピンチをチャンスに変えた典型ですよね。

無理難題を解決してきたからこその技術が日本にはあるとするならば、やらない理由を並べるよりとにかく進んでみるという流れを作るべきです。日本人は慎重なので、背中を押すぐらいにしないと進まないですよ。

澤上 再生可能エネルギーに本腰を入れるのなら、日本にはいくらだって代替エネルギー源がある。例えば潮流発電。日本には太平洋沿岸に世界最強の潮流である黒潮が流れている。プロペラと一体型の発電機を海底に固定したロープで黒潮の流れに乗せて発電する。これなら、1年中コンスタントに発電できる。

この発電機を数千個という単位で黒潮に乗せてやれば、日本の全電力需要を十分に賄えてしまう。これなど、既存の技術を集約すれば、いくらだって実現可能である。100%国産エネルギーを未来永劫(えいごう)に確保できるのだ。

沖合で作った電気をどう陸地へ持ってくるのかも、ケーブルなのか水素にするかで新しい技術開発のテーマとなる。やる気になれば、エネルギー問題で日本独自の地歩を築き上げることができる。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし