会社の部活でeスポーツ 社員つなぎ、熱い企業対抗戦

Paravi

社内の親交を深めるため、サッカーやテニスなどの部活動を取り入れる企業は多いと思いますが、今、その部活動として意外なスポーツが注目されています。

午後6時すぎの凸版印刷。就業時間後の会議室をのぞくと、対戦ゲームで競う社員たち。実はこれは、凸版印刷の「eスポーツ部」の活動で、50人ほどの部員がいます。

対戦しているのは、入社22年目44歳の園部英一郎さんと入社4年目27歳の谷山友規さん。年齢も部署も全く違う2人が、eスポーツを機会に親しくなったといいます。

年齢や部署の壁を取り払ってくれるeスポーツは、社外との交流にも役立っています。都内で開かれた、あるイベントにはトーヨータイヤや丸紅、DeNAなど8社が集まりました。名刺交換の後、始まったのがeスポーツの企業対抗戦。

凸版印刷の「eスポーツ部」では、年齢も部署も違う社員の交流につながっている

人気格闘ゲーム「ストリートファイター」での対戦です。選手はいずれも会社の代表。ひとたび試合が始まれば、真剣そのもの。プロのeスポーツ大会のような優勝賞金はありませんが、盛り上がりは本格的です。

対戦を終えた後は、ゲーム好き同士すっかり意気投合。「いやー強かったですね」という会話から仕事の話へ。「今後、一緒にやっていきたいですね。」「では、今度お伺いするので」と、あっという間にアポが入りました。このイベントは今後も開催予定だそうです。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年10月23日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2020年1月14日付記事を再構成、映像や記事中の年齢などは19年10月23日の番組放送時]

注目記事
今こそ始める学び特集