格安SIMのiPhone どれが買い?大手と比べてみた格安SIM最前線

格安SIMを扱うMVNOやサブブランドで手に入るiPhoneは、大手キャリアと比べ何が違うのか。2年間のコストはどのくらい差が出るのか
格安SIMを扱うMVNOやサブブランドで手に入るiPhoneは、大手キャリアと比べ何が違うのか。2年間のコストはどのくらい差が出るのか

「格安SIMでもiPhoneを使いたい」という声は多い。基本的にiPhoneはSIMロックを解除すれば、どのキャリアでも使用できる。ただ格安SIMに乗り換えるタイミングで出費を抑えながらiPhoneも新しくしたいという人も多いだろう。最新モデルとはいかないが、最近では格安SIMとスマートフォンがセットになった「格安スマホ」として、旧モデルのiPhoneを購入できる。大手携帯キャリアが取り扱う最新モデルのiPhoneと比べて、どれくらいお得なのだろうか。※本記事中の価格は断りがない限りいずれも税別

格安iPhoneの「最新モデル」は?

2020年1月時点におけるiPhoneの最新モデルは、2019年9月に登場した「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」だ。大手携帯キャリア3社がSIMロック版を取り扱う他に、Appleや家電量販店などからSIMフリー版を購入できる。

いっぽう、格安iPhoneとして販売されているのは、2018年以前に登場した型落ちのモデルだ。おもな格安iPhoneの「最新モデル」(2020年1月30日時点で各キャリアが扱うiPhoneのうち、最も世代が新しいモデル)をチェックしてみよう。なお、価格はいずれもオンラインショップでの販売価格となる。

大手携帯キャリアの「サブブランド」として知られるワイモバイルとUQ mobile、およびMVNO(仮想移動体通信事業者)のBIGLOBEモバイルでは、2016年に登場した「iPhone 7」が最も世代の新しいiPhoneになる。

32GBモデルの価格はUQ mobileとBIGLOBEモバイルが2万3040円。ワイモバイルは新規契約またはNTTドコモ、auから乗り換えた場合は2万7491円だ(ソフトバンクから乗り換える場合は4万582円に値上がりする)。NTTドコモ版のiPhone 11は7万9200円(64GBモデル)なので、出費を抑えたい人には魅力的だろう。

関西電力グループのオプテージがMVNOとして提供するmineoはさらに新しいiPhoneを扱っている。最も新しい世代は、2018年に登場した「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」だ。この世代で価格が一番安いのはiPhone XRで、6万4800円(64GBモデル)となる。

mineoが取り扱うiPhone XS(右)とiPhone XS Max
mineoはiPhone XRも販売している

サブブランドの格安iPhoneよりも世代が新しいぶん価格も高いが、大手携帯キャリアの最新モデルに比べれば安価だ。mineoが取り扱うiPhoneは在庫状況により入荷待ちになることもあるため、気になるモデルは定期的にチェックするのがいいだろう。

価格を比較すると3世代前のiPhone 7が2万円台からとお得なことがわかる