ライバルはみうらじゅん・中島信也 武蔵美はトキワ荘編集委員 小林明

奥山清行さん(中)、中島信也さん(左)、みうらじゅんさん(右)は武蔵美で同級生だった
奥山清行さん(中)、中島信也さん(左)、みうらじゅんさん(右)は武蔵美で同級生だった

フェラーリ、北陸新幹線などを手がけた工業デザイナーの奥山清行さん、「伊右衛門」「カップヌードル」などのヒットCMで知られる敏腕ディレクターの中島信也さん(東北新社副社長)、「ゆるキャラ」などの名付け親で漫画家、ミュージシャンとしても活躍するみうらじゅんさん……。この3人に意外な共通項があるのをご存じだろうか?

実は3人とも武蔵野美術大造形学部(視覚伝達デザイン学科)の同級生なのだ。

1978年から4年間、40人ほど在籍するクラスで机を並べ、青春時代を謳歌し、才能を競い合った良きライバルだったという。「中島、みうらともに当時から光るものがあった。今の活躍を見ても十分に納得できる」と語る奥山さんに、気鋭クリエーターたちとの懐かしい思い出や切磋琢磨(せっさたくま)した学生時代を振り返ってもらった。

東京芸大に落ちて武蔵美へ、自己紹介で抱いた落胆と親近感

――武蔵野美術大造形学部(視覚伝達デザイン学科)のクラスはどんな雰囲気だったんですか。

「よく覚えているのが授業の最初にクラスのみんなで自己紹介した時。『目指していた東京芸大に落ちたので武蔵美に来ました』『あ、俺もそう。東京芸大に入れなかったのでここにいます』なんてあいさつした人が多かった。僕自身も東京芸大の受験に失敗していたので『なんだ、同じ落ちこぼれなんだ』と少しガッカリ。でも、同時に何となく、みんなに対する親近感も覚えました」

みうらさんとは国分寺で隣同士のアパートに住んでいた飲み仲間。中島さんはお笑いの感性の固まりだった

――40人程度のクラスですから、お互いに仲良くなりますね。

「ええ、毎日、楽しくやってました。実は僕とみうらは国分寺で隣同士のアパートに住んでいたんです。たしかみうらが第一菊池荘で、僕が第二菊池荘だったかな? みうらのアパートには風呂があったんだけど、僕のアパートにはなかったので『こん畜生』なんて内心思ったりしていた。でも家が近いこともあり、一緒に酒を飲んだり、よく遊んでましたね」

みうらじゅんは隣のアパート、もらったキャベツが酒のさかな

「金銭的な余裕はあまりありませんから、酒のさかなに困った時には、近所からもらってきたキャベツを千切りにしたり、フライパンで油炒めにしたりして、みうらの部屋で食べながらよく一緒に飲んでいました。当時から、みうらには独特な世界観があって、髪の毛を長く伸ばし、音楽をやっていて、京都弁で周囲をよく笑わせたりしていた。あの頃から牛の置物のコレクションなんかもしていましたよ。漫画も描いていて、学生時代に漫画雑誌『ガロ』からデビューするなど学校ではすでにかなり有名な存在でした」

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
度肝抜かれた中島信也の作品、プロ顔負けの広告写真
エンタメ!連載記事一覧