絵や雑貨で華やぎ演出 世界注目の台湾書店が日本上陸誠品生活日本橋

月替わりでおすすめ本を紹介する「誠品選書」の陳列棚
月替わりでおすすめ本を紹介する「誠品選書」の陳列棚

たくさんの書籍と本好きの人々が集まる書店やブックカフェ、図書館には、それぞれ独自の「表情」がある。個性的な「本の居場所」を紹介するこのシリーズ。今回は、生活雑貨や飲食店、体験工房などを併設して「文化と芸術の発信」をコンセプトに掲げる「誠品生活日本橋」(東京・中央)を訪問した。選書と店舗デザインにとことんこだわる、今アジアで最も注目されているスタイリッシュな書店チェーンの日本1号店だ。

◇   ◇   ◇

本とアートの「ワンダーランド」

2019年秋、東京・日本橋にオープンした商業施設「COREDO室町テラス」。正面にゆったりとした広場がある開放的なビルの2階で、台湾に本社を置く書店「誠品生活」が営業している。台湾のほか香港、蘇州、深圳などアジア各地ですでに48店舗を展開している書店チェーンが、中国語圏外で初めて開設した店舗だ。誠品書店はアジアのブックビジネスで最先端を走る流通企業として知られる。「TIME」誌アジア版は2004年、書店としては世界でも珍しい24時間営業を始めた「誠品敦南店」(台湾)を「アジアで最も優れた書店」に選出した。また物販も展開している旗艦店「誠品生活松山店」(台湾)は2016年、米CNNにより「世界で最もクールな百貨店14」に選ばれている。

日本橋店のキャッチフレーズは「くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド」。店内で目を引くのが、フロアを縦断する形で設置した30メートルの長さの「文学回廊」だ。アルミ製の外枠に木材がはめ込まれたシンプルなデザインが落ち着いた空気を醸しだしている。回廊の真ん中に川が流れるように配置したテーブルには、テーマごとに平積みの本が並べられている。両側にはレストランやセレクトショップ、文具のコーナーが配置されており、来店者の回遊を促す仕掛けになっている。

台湾春節を祝う店内ディスプレー(奥が「文学回廊」)

誠品生活Japan営業部部長の謝月貴さんは「台湾の誠品生活の雰囲気を存分に味わってもらえるように工夫しました」と話す。中華風の赤い装飾に彩られた飲食店は1862年に台南で創業した老舗の飲茶荘「王徳傳(ワンダーチュアン)」。甘く爽やかな本場のウーロン茶を提供している。台湾生まれのハーバルケアブランド「阿原(ユアン)」では、天然ハーブを使った手作りせっけんが人気だ。台湾の伝統食材やキッチン用具を集めたマーケット「誠品生活市集」はいつも買い物客で混雑している。

書店とギャラリーの複合店としてスタート

書籍は日本の一般的な文学書からビジネス書、児童書、専門書まで一通り取りそろえてある。新刊の品ぞろえも充実している。その一方で、台湾や英語圏の書籍など多言語の本も多数扱う。東京駅や銀座に近いという立地から、中華系を中心に訪れる外国人観光客は多い。

「誠品生活」の創業は1989年。書店兼ギャラリーとして営業をスタートした。創業者の呉清友氏は「Books, and Everything in Between(本とくらしの間に)」を経営理念に掲げてビジネスを拡大してきた。「読書は、本とくらしの間に存在する。書店は知識を伝える場と言うだけでなく、様々な芸術や展示の文化的な場になることができる。1つの文化的な場である以上、我々は空間としての美しさを重視すべきであると同時に、力をついやし、品を高め、独自の場にしていかなければならない」と自身の評伝(林静宜『誠品時光』)で語っている。

ビジネス書などの書評を紹介