ビタミン類や一部のミネラルを除く抗酸化物質はカロテノイドとポリフェノールに大きく分かれる。

●カロテノイド

βカロテン(果物、野菜、卵黄)、リコペン(トマト)、アスタキサンチン(サケ、イクラ)、ルテイン(ほうれん草、卵黄)、ゼアキサンチン(トウモロコシ)、フコキサンチン(海藻類)、βクリプトキサンチン(ミカン)など

●ポリフェノール

カテキン(茶)、タンニン(茶、柿)、アントシアニン(ブドウ、ベリー類)、ルチン(そば)、イソフラボン(大豆)、クロロゲン酸(コーヒー)、レスベラトロール(ブドウ)など

「カロテノイドの中でもヒトの体内における働きについての研究が進んでいるのは、βカロテン、αカロテン、リコペン、ルテイン、ゼアキサンチン、βクリプトキサンチンなど。なかでもルテインとゼアキサンチンの2種類は目の網膜の黄斑部分や脳に選択的にとりこまれることがわかっている。また、ポリフェノールでは、アントシアニンの作用が確かめられている」(北市病院長)

目の疲労回復に「カロテノイド」、イライラ改善も

抗酸化物質の中で、北市病院長はアスタキサンチンに注目しているという。

「サケは海から川へ遡上する前に体がオレンジ色に変わり、産み付ける卵もオレンジ色となる。これは浅瀬に降り注ぐ紫外線から自分自身や卵のDNAを守るために獲得した機能。この色素がアスタキサンチンで、ビタミンCや他のカロテノイドと比較して抗酸化作用が格段に強く、“キング・オブ・カロテノイド”ともいわれる」(北市病院長)。

アスタキサンチンは細胞膜に結合しやすく、赤血球に取り込まれて全身に運ばれる。「多くの物質をその先へ通さないとりでとなっている血液脳関門や血液眼関門を通り抜けて、網膜や毛様体筋に到達し、酸化や炎症を抑えるのではないかと考えられている。アスタキサンチンは1990年代半ば以降、ヘマトコッカスという藻などから工業的な大量抽出が可能になり、サプリメントや化粧品でも広く販売されている」(北市病院長)という。

北市病院長が実施した臨床試験では、眼精疲労のある人が4週間、アスタキサンチンを6ミリグラム飲んだところ、目の調節力が改善した(グラフ)。眼精疲労に関するアンケートでは、「目が疲れやすい」、「目がかすむ」、「目の奥が痛い」、「しょぼしょぼする」、「まぶしい」、「肩が凝る」、「腰が痛い」、「イライラしやすい」の8項目で有意な改善が見られた。

「6ミリグラムを紅ザケの刺し身に換算すると、1日あたり2人前程度。食事でサケなどを積極的にとることでも効果はある程度期待できる」(北市病院長)。キンメダイも紅ザケとほぼ同量のアスタキサンチンを含む。毛ガニや甘エビ、イクラ、筋子などにも多い。

日常的にパソコン業務が多く眼精疲労のある健康な成人40名がアスタキサンチン1日6ミリグラム摂取群と偽物をとる対照群に分かれ、摂取前後に視力検査や調節速度、準多角的調節力の測定を行った。アスタキサンチン群では2週後、4週後ともに調節力が有意に改善した。(臨床医薬21,6;637-650,2005)

一方、カロテノイドの仲間で、目の網膜の中心部、黄斑部分に蓄積するのがルテインとゼアキサンチン。ほうれん草やケールなどの濃い緑の野菜に含まれる。「ルテインとゼアキサンチンは、紫外線やIT機器から発されるブルーライトを吸収するフィルター作用と、活性酸素を消去する抗酸化作用によって黄斑部を守っている」(北市病院長)。

ルテインとゼアキサンチン、メソゼアキサンチン(ゼアキサンチンの仲間)のカロテノイド3種を6カ月摂取した米国の試験では、眼精疲労や睡眠の質も有意に改善している。

1日最低6時間のIT機器作業をする健康な48人がルテイン、ゼアキサンチン、メソゼアキサンチンを1日合計24ミリグラム摂取する群、偽物をとる対照群に分かれた。6カ月後、カロテノイド摂取群は頭痛、眼精疲労、目の緊張、睡眠障害が有意に改善した。 (Foods. 2017 Jun 29;6(7). pii: E47.)
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
次のページ
ポリフェノールも視神経の緊張を緩和