多様性の職場は「話す」のが大事 仕事は深刻にならず

2020/1/15
石油・天然ガス開発の国際石油開発帝石(INPEX)がシンガポールに設けた金融子会社で現地代表を務める池田幸代さん(54)。中央アジア、中南米、東南アジアなど発展途上国での仕事を経験。伸び盛りの国々とそこに暮らす人々の活気に強くひかれ、多文化・多民族の職場を率いる難しさも知った。日本を離れて働くうちに得たグローバルなビジネスの「基本」は、違いを受け入れ、議論を尽くして共通項を見いだすことだ。
注目記事