ビジネスクラス級シートの超ラージミニバンも

新型フィットのほかに、ホンダからはピュアEVの「ホンダe」、さらに軽の新世代「Nシリーズ」の弟分、「N-ONE」も出そうです。ホンダeは航続距離の短さが難点ですが、個性的なキュートデザインがおもしろいし、N-ONEはスタイル重視がゆえにNシリーズの美点たるスペース性は十分に発揮できませんが、個性の強さで勝負できるはず。

ホンダのピュアEV「ホンダe」

このあたりの新型車攻勢と、19年にひさびさに勝利を挙げたホンダF1、冒頭のレベル3技術搭載車両の発売で20年は久々にホンダの年になるのか? このあたりにも注目です。

最後は、ちょっと毛色の違うラージワゴンというか、超ラージミニバンの世界。昨年末に登場したハイエースの上を行く超大型ミニバン、トヨタの「グランエース」も注目です。

とにかく全長5.3×全幅1.97メートルの超巨大ボディーが圧巻。そこから生まれる人気ラージミニバンの「アルファード」&「ヴェルファイア」をしのぐ室内の広さ、中でも飛行機のビジネスクラス級のボックスシートを最大6脚も載せられる極楽リムジン性能には期待大です。

新型車グランエース(東京モーターショー2019 トヨタ車体ブース展示モデル)
4列8人乗りタイプも設定(写真はデザインスケッチ)

20年も自動化、電動化は間違いなく進むと思いますが、それ以外にもホンダ復活ストーリー、超ラージミニバンと話題が目白押しです。クルマ界は休むことを知りませんね。

小沢コージ
自動車からスクーターから時計まで斬るバラエティー自動車ジャーナリスト。連載は「ベストカー」「時計Begin」「MonoMax」「夕刊フジ」「週刊プレイボーイ」など。主な著書に「クルマ界のすごい12人」(新潮新書)「車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本」(宝島社)。愛車はロールス・ロイス・コーニッシュクーペ、シティ・カブリオレなど。

(編集協力 北川聖恵)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧