日向坂46 「ひたむき」に今年はもっと上を目指したい

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

2019年の女性アイドル界で最も躍進したグループは日向坂46といえるだろう。同年2月に改名を発表、3月のシングルデビューからハイペースで楽曲リリースを続け、大規模会場でのライブは満席。『NHK紅白歌合戦』に初出場するなど充実したデビュー年を走り抜けた。グループを代表する3人が19年を振り返り、今年目指す先を語ってくれた。

秋元康総合プロデュース。けやき坂46が、2019年2月に改名。同年3月にシングル『キュン』で単独シングルデビューを果たす。現在メンバーは1期から3期生まで20名在籍(写真:佐賀章広)

アルバムと欅坂46のカップリングとしてのリリースしかなかった、けやき坂46(15年11月結成)が19年2月に日向坂46へと改名。デビューシングル『キュン』(3月発売)、2ndシングル『ドレミソラシド』(7月発売)、3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』(10月発売)と1年に3枚のシングルを発表。女性アーティストでは初の「デビューから3作連続の初週40万枚超え」という記録を達成した(オリコン調べ)。

こうした活躍を受け、「第61回輝く!日本レコード大賞」優秀作品賞に『ドレミソラシド』が選出されたほか、「第70回NHK紅白歌合戦」で『キュン』をパフォーマンスするなど、その勢いはまだまだ収まりそうにない。20年1月にはメンバー総出演の主演ドラマ『DASADA』の放送が始まった。

2月発売の最新シングルまで4作連続でセンターを務める2期生の小坂菜緒、小坂をフロントで支える1期生の加藤史帆、齊藤京子の3人が感じる日向坂46の変化とは?

小坂菜緒 2002年9月7日生まれ。大阪府出身。2期生。18年6月、グループ内でいち早くファッション誌『Seventeen』専属モデルに就任。19年11月公開の映画『恐怖人形』では映画初出演&初主演で話題に(写真:佐賀章広)

齊藤 正直、けやき坂46時代は自分たちの立ち位置やカラーに悩んだこともあったんですが、日向坂46として、「坂道シリーズの単独グループ」となったことで、視界が広がった気がしました。以前は、クールな欅坂46さんに対してハッピーオーラを届けようとしてきましたが、日向坂46になって、そこにメンバーの「ひたむきさ」が加わったんじゃないかと思うんです。

加藤 京子が言った通りで、以前の私たちにはハッピーオーラしかありませんでした。乃木坂46さんのきれいなお姉さん感や欅坂46さんのカッコいい感じと比べると、日向坂46は青春感とかフレッシュさはあったと思います。でも、それは新しいグループだから、ある意味当たり前なところもあって。それだけではないものを探して、目の前のことをがむしゃらに頑張っているうちに、ひたむきと言ってもらえることが増えた気がします。

小坂 私は今の日向坂46は、けやき坂46として1期生さんが作ってきた土台がすごく大きいと感じていて。2期生や3期生は正直、まだ力が全然足りていないから、早く先輩に追いつかなくては、という気持ちがすごく大きいんです。その気持ちも、ファンの方に見ていただけたらと思っています。

齊藤 楽曲では「3作連続の初週40万枚超え」という新記録を達成できたことはとてもうれしいことですが、ここで満足してはいけないと思っています。そういう意味では、もっと上を目指したいという気持ちが強くなっています。

注目記事
次のページ
メンバーが発信したダンス動画
今こそ始める学び特集