増えるESGテーマの投信 運用の中身はどうチェック

ESG(環境・社会・企業統治)をテーマにした投資信託が増えている
ESG(環境・社会・企業統治)をテーマにした投資信託が増えている

ESG(環境・社会・企業統治)に対する社会的関心の高まりを背景に、ESGをテーマにした投資信託が増えている。これらの投信を選ぶなら、どれだけESG課題に積極的に取り組む企業に投資しているか、運用の中身をみる必要がある。その際には、新たな投信の評価指標である「ESG度指数」が参考になる。

ESG投資とは、株式投資を通じて社会の持続可能性を高め、よりよい社会を実現しようという考え方だ(図A)。そのために環境や人権問題、経営のダイバーシティー(多様性)などといった課題に積極的に取り組む企業を選別する。

日本でESG投資が関心を集めるようになったのは、2017年に世界最大の年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG関連指数への投資を始めたのが一つのきっかけだ。

そのころから投信でもESG関連が増え、国内株式や先進国株に投資するタイプを中心にESGやエコなどといった名前の付いた投信が相次いだ。ESGは個人の投資の世界でも身近なテーマになりつつある。

運用成績チェック

では、これらESG関連投信はどのように評価すればいいだろう。一般の投信と同じようにリターンを期待するなら、まずチェックすべきは運用成績だ。

そこで日本株に投資するESG関連投信について、過去の平均リターンを日本株投信全体と比べてみた。結果をみると、ESG関連はどの運用期間でも日本株投信の平均リターンを下回っていた(図B)。

ESG投資で先行する欧米では「ESG課題への取り組みに優れた企業は投資リターンも高い」といわれるが、日本では企業のESG対応と投資リターンの間にどのような関係があるか、評価は定まっていない。

日本で本格的にESGの課題に取り組む企業が増え始めたのはこの3、4年のこと。その取り組みが業績など目に見える形になって表れるには時間がかかるだけに「日本株を対象にしたESG投資に市場平均を上回るリターンを求めるのは尚早」という見方がある。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし