日経トレンディ

●インカムのように多人数同時通話が可能なイヤホン

【GREEN FUNDING 支援金額:目標の3500%以上 (20年1月上旬時点)】

「BONX mini」(BONX)
10人で同時通話が可能。一般発売は20年春、価格は9900円(税込み)を予定

スマホアプリ連動型のマイク付きイヤホン。片耳に装着し、離れている仲間とインカムのように通話できる。ボタンを押す必要が無く、話し始めると自動的につながるため、いつでも隣にいるかのように会話が可能。先行する姉妹品の「BONX Grip」はレジャー用途の他、ANAが機内連絡に使うなど業務利用も拡大。リモートワークでの普及も見込む。

●最大級の容量を誇るポータブル蓄電池が人気沸騰

【Makuake 支援金額:目標の4万6000%以上(20年1月上旬時点)】

「EFDELTA」(EcoFlow Japan)140個のリチウムイオンバッテリーを搭載。最大13デバイスに同時に給電が可能。同時給電可能な6つのACコンセントも備える

昨今、災害による停電が目立つ中、非常用として家庭用蓄電池が脚光を浴びている。特に人気を集めているのが「EFDELTA」だ。持ち運び可能なポータブル型ながら、容量は1260Whと最大級。最大出力は1600Wで、電子レンジや冷蔵庫、テレビなど大半の家電に電力を供給できる。空の状態から1時間で容量の80%まで急速充電できる機能性の高さも魅力。別売りの太陽光パネルでの充電も可能だ。20年春に税込み16万円程度で一般発売予定。

アウトドアでも活躍する。重量は13.6kgで、持ち運びが可能
画面には電池残量などを表示。ポートはUSB×4、USB Type-C×2を装備

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧